Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鹿島監督、川崎戦“疑惑”の判定に言及 VAR不採用で疑問符「明らかなオフサイドが…」

配信

Football ZONE web

新型コロナウイルスの影響でVAR不採用…鹿島のザーゴ監督が判定に言及

 鹿島アントラーズがJ1再開初戦となる4日の第2節で、川崎フロンターレとのアウェーゲームに臨み、1-2で敗れた。今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァンカップ、サンフレッチェ広島とのJ1開幕戦(0-3)に敗れ、公式戦3連敗スタートとなっていたが、この日も勝利を掴むことができなかった。立ち上がりの前半2分に川崎DF谷口彰悟に先制弾を浴び失点。新型コロナウイルスの影響もあり、JリーグがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の実施を見送っているなか、オフサイドとも見えるシーンに疑問を投げかけつつも、後半のプレーには希望を見出した。 【動画】鹿島監督、オフサイド疑惑の1失点目に落胆…「川崎×鹿島」(2-1)ハイライト  無観客で行われた再開初戦。整列入場はなく、集合写真ではソーシャルディスタンスを保つなど“ウィズコロナ”のなかで行われた歴史的な一戦だった。鹿島は元日本代表DF内田篤人が先発メンバーに名を連ね、今季初出場。歓声はなく、ベンチの声が響く異様な雰囲気のなか、試合は序盤から動いた。  前半2分、川崎がチャンスを作る。左CKからつなぎMF家長昭博がゴール前へボールを入れると、右サイドから走り込んだDF谷口彰悟がダイレクトで右足を合わせて先制した。だが、この時谷口のポジションがオフサイドのようにも見え、ザーゴ監督は試合後にこのシーンについて言及した。 「感想は難しいが、立ち上がりで失点して明らかなオフサイドがありながらも、取ってもらえなかった。再開戦で選手も緊張していたけれど、(失点で)過度な緊張をかけられてしまった」  前半30分には2失点目。直後にオウンゴールで1点を返し、前半は1-2で折り返した。後半は徐々に鹿島がペースを掴み、後半には猛攻を仕掛けた。同27分には尚志高校から鳴り物入りで加入した高卒ルーキーFW染野唯月が、途中出場しプロデビュー。1点を追う後半41分には飛び出した染野がペナルティーエリア内で倒されるもノーファウルだった。  新型コロナウイルスの影響で、過密日程になることなどから、VARの実施は今季見送られる。再開初戦から“疑惑”の判定もあり、指揮官は「流れが変わるところがあって残念」と肩を落とした。

【関連記事】