Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大学代表経験持つ小川龍成や大阪桐蔭OB・中山遥斗らがプロ志望届提出!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 全日本大学野球連盟はプロ野球志望届提出者を発表。18日時点では合計で76名となっている。  國學院大の小川 龍成は前橋育英時代、1年生夏からレギュラーに定着すると、3年生の夏にはチームの主将として初めて甲子園に出場。初戦・嘉手納に敗れたものの國學院大では1年生春からリーグ戦デビュー。2年生春にはベストナインを受賞すると、翌年の2019年には下級生ながら大学日本代表に下級生ながら選出され、1試合だが国際試合デビューを果たした。 【写真】まだあどけなさが残る前橋育英時代の小川龍成  中山 遥斗は大阪桐蔭出身で、1年生秋からレギュラーの座を掴むと2年生と3年生の春の選抜出場を経験した。國學院大進学後は1年生秋からリーグ戦出場をかさねて、着実にレベルアップしてきた。  他にも札幌第一時代に選抜を経験した上出 拓真などもプロ志望届を提出した。

【関連記事】