Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「少女」とは何かを問う。舌を突き出す無垢な存在『少女礼讃』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

名前も年齢もわからない、誰も知らないひとりの少女。モデルやアイドル活動をしているわけでもなく、SNSもやっていない彼女を、写真家の青山裕企は数年にわたり、毎週のように撮りつづけた。そしてできた写真集が『少女礼讃』である。 【写真】両手を上げ、こちらを見つめる“少女”(『少女礼讃』より) 数々の著名アイドルやモデルなども撮影してきた青山は、この女性に何を見出し、何を写そうとしているのか。写真集の魅力をレビューする。

「少女」のイメージを大きく裏切る

1978年生まれの写真家・青山裕企の最新写真集。『スクールガール・コンプレックス』シリーズ、オリエンタルラジオや乃木坂46メンバーの写真集などで知られる著者だが、なんとこの作品が80冊目の単著になるそうだ。その出版界での需要の大きさと、著者自身の企画力には驚くばかりである。 本作でまず注目すべきは、その本としての佇まいだろう。文芸書の単行本サイズより2cmほど背が低い小ぶりな判型にして、厚みは4cm近くある。手に取るとまるで辞書や聖書のような重さだ。谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』から引いたと思われる書名も相まって、写真集と言うよりは文芸書のような雰囲気をまとっている。 500ページを超える本書に登場する被写体は、たったひとり。冒頭に掲げられるテキストの中で青山が「少女」とカッコつきで指示するその被写体は、芸能人ではなく名前や年齢さえも明かされない匿名の存在である。しかしショートカットの黒髪やふっくらした頬、天真爛漫な笑顔は、いかにも少女という表現にふさわしい。カメラは、どこにでもある団地や田舎の風景、旅先のフェリーの甲板で、彼女のことを一瞬も見逃すまいというかのようにその姿を記録していく。 だが、幸福なカップル写真のような甘いムードは、突如挿入される生々しい写真によって中断される。白い肌に浮かんだ赤いデキモノや脇の剃り跡は、見る者をドキリとさせる。その成熟した体の輪郭は、「少女」のイメージを大きく裏切るものだ。そして、何度も挿入される、カメラに向かって彼女がぬっと舌を突き出すシーン。その赤い舌は、「少女」という言葉が持つ記号性を突き破る。

【関連記事】