Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富士フイルム、XF10-24mmF4を刷新。防塵防滴に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

富士フイルムは、APS-CミラーレスカメラXシリーズ用の交換レンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を2020年11月下旬に発売する。希望小売価格は税別13万1,000円。 【この記事に関する別の画像を見る】 35mm判換算で15~36mm相当となる超広角ズームレンズ。同様の焦点距離・F値の「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS」のリニューアル版となる。XFレンズシリーズの刷新は初。 光学設計(10群14枚:非球面レンズ4枚、異常分散レンズ4枚を含む)は前モデルを踏襲したとしており、焦点距離およびF値は同じ。相違点は、新たに設定F値の指標が付いた絞りリングが搭載されたことと、WRを冠しているとおり防塵防滴、マイナス10度の耐低温構造を採用したこと。また内部構造の見直しにより、ズームリングの径が細くなり、25gの軽量化を実現しているという(約385g。前モデルの質量は約410g)。最短撮影距離は24cm(マクロ時。標準時は50cm)で前モデルと変わらず。 また新採用の絞りリングにはAポジションのロック機構も搭載。同機構はGFXシリーズ用のレンズで採用されていた仕組みだが、このほどXシリーズ用レンズにも採用された。 このほか、手ブレ補正機構も強化された。補正段数は前モデルから1.0段向上したとしており、レンズ単体で3.5段、X-T4との組み合わせによる協調動作では最大で6.5段の補正効果が得られるといている。 ■主な仕様 □レンズ構成 10群14枚(非球面レンズ4枚、異常分散レンズ4枚を含む) □最小絞り F22 □絞り羽根 7枚(円形絞り)、1/3ステップ(全16段) □最短撮影距離 標準:50cm マクロ:24cm □最大撮影倍率 0.16倍(テレ端) □フィルターサイズ 72mm □外形寸法 78×87mm □質量 約385g

デジカメ Watch,本誌:宮澤孝周

【関連記事】