Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルネ・ラリックが手がけた珠玉の香水瓶。当時の広告も展示する「ドラマチック・ラリック」が箱根ラリック美術館で開催へ

配信

美術手帖

 ガラス工芸家ルネ・ラリック(1860~1945)の作品を所蔵する国内有数の美術館として知られる箱根ラリック美術館。2020年は同美術館の開館15周年であり、ラリックの生誕160年だ。  これを記念する周年イベントとして、ラリックが手がけた香水瓶の数々を、当時のパリの華やかな時代性を映したその香水の広告とともに展示する企画展「ドラマチック・ラリック」が開催される。会期は9月12日~2021年3月21日。  1900年のパリ万博でグランプリを獲得し、独創的なジュエリー作家として不動の地位を築いたラリック。ラリックといえば、とくに香水瓶のイメージを強く持つ人も多いのではないだろうか。そんなラリックが香水瓶のデザインと製造という新たな創作のジャンルを開拓したのは、香水商フランソワ・コティとの出会いがきっかけだったという。  ラリックは、目には見えない香りのイメージを、花々や真夜中に輝く月といった自然の優美さや都会にそびえる高層ビルのスタイリッシュさに例え、瓶の造形とデザインで表現。容器という枠を超え、美しく繊細な意匠に物語が込められたラリックの香水瓶は、瞬く間に人々の心を掴んだ。  ときには大切な人への愛を、そしてときには戦場からの帰還を願う気持ちなど、様々な想いを代弁するものとして長く愛されてきたラリックの香水瓶。本展では、そのモダンでスタイリッシュなデザインと、物語性あふれる作品世界を堪能できる。

【関連記事】