Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神ボーアはまさかの残留か?期待外れでもフロントが解雇できないワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 スタメン落ちも当然だろう。  5日の巨人戦、阪神のボーアが7月23日の広島戦以来となるベンチスタートとなった。これは、前日の試合で死球を受け、同じくスタメンを外れたサンズとは意味合いが違う。 【写真】新庄剛志は「あんまりお金ない」発言…  2~4日までの巨人との3試合は無安打。対巨人戦は打率・159、2本塁打、5打点とからっきしだ。このポイントゲッターの不発が今季、6勝14敗と巨人に大きく負け越す要因のひとつになった。通算成績も打率・242、15本塁打、41打点。打率の低さには目をつむっても、ここぞの一発に期待していた向きにとっては、ビミョーな成績ではないか。  助っ人野手の失敗が続く阪神からすれば、打っている方かもしれないが、ボーアの年俸は2・75億円。今季、最終的に20本塁打をマークしたとしても、143試合換算では24本。大金をかけた選手の割には物足りない。1年契約だけに、今季限りで解雇になってもおかしくないが、まさかの残留の可能性もあるという。 「阪神は一昨年、年俸3・4億円の2年契約を結んだロサリオを1年でクビにした。ただでさえ助っ人野手の失敗が多いにもかかわらず、高年俸ボーアも1年限りで解雇すれば、それこそフロントは赤っ恥をかくことになる。性格が真面目、日本への適応力がある、コロナ禍で外国人の調査が難しい、などと何かしらの理由をつけて、来季も契約を更新する可能性があります」(阪神OB)  阪神は8人の助っ人を抱えるなど、外国人頼みが顕著。大金をかけてもどのみち成功しないのだから、生え抜きの若手選手をしっかり育てたらどうか。

【関連記事】