Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

VOGUEGIRLエディター実践! ヘルシーな体を取り戻すワークアウト5

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

家に過ごす時間が多い分、体がなまったりとストレスが溜まったり、ワークアウトで体と気分を変えたい人も多いはず。日課にストレッチや有酸素運動を取り入れて、ヘルシーな生活へと改善してみて。エディターが実践するエクササイズをご紹介。

基本にかえる、ストレッチ&マッサージ。

7月に入ってしばらくお休みしていた水泳を再び始めました。約4ヶ月ぶりとなるプールだったので、相当ボディも鈍って固くなってるだろうな、と思っていたのですが、いざ泳いでみたら、そんな不調も感じることなくいつも通り楽しめたことに自分でもびっくり。きっと外出自粛中に始めたストレッチ&マッサージが効果あったんじゃないかと思っています。写真のストレッチボールや電動フォームローラーを使うと、体の奥の筋肉や凝りまでほぐされていくのを実感できてオススメです。お風呂上がりの30分くらい、自分の体と向き合う時間は、体がグッとほぐれて柔らかくなるだけじゃなく、気持ちまでもリラックス。その日の疲れを次の日に持ち込まない、いい習慣となってきたので、今後も続けていきたいです。(VOGUE GIRL副編集長 荒井 現)

ご機嫌なウェアを相棒に、ご近所のジム通いを再開!

自粛が緩和される頃合いをみて、最近、ゴールドジムに入会しました。この数ヶ月間、ワークアウトプランをどうするかずっと悩んでいたのですが、「スポーティ&リッチ(SPORTY & RICH)」のインスタグラムに刺激されて、このウェアを着てジム通いしたい!と決心を固めました。「スポーティ&リッチ」とは、「コンプレックス(Complex)」や「キス(KITH)」などでキャリアを積んできたエミリー・オーバーグが立ち上げたLA拠点のブランンド。“リッチ”というワードは、決してお金持ちということを指すのではなく、健康的でハッピーであるというシンプルな豊かさを唱えています。80-90年代のタイポグラフィーやアートワークからインスパイアされたロゴ入りのスウェットやTシャツ、トートバッグはダイアナ妃のジムウェアやスティーブ・ジョブスの私服のようなシンプルさとプレッピーなムードがあり、どれも本当にツボです。サステイナブルな服作りを目指して基本は、プレオーダー制のため、数多くは流通していないのですが、幸運にもSSENSE.comで数着ゲット! まだ暑すぎて当分着られませんが、秋になるまでにはゴールドジムの常連になって、このスウェットに胸高々に着こなせたらと思っています。 ちなみに、私が入会したゴールドジムは、ヨガのスタジオレッスンが特に充実していて、週50もあるクラスは通い放題。さらにオプション料金を払えば加圧トレーニングも受講可能。時短で追い込める加圧と、呼吸を整えながらリラックスできるヨガの二本軸で、もっとしなやかで、芯の強い体を作れたらと意気込んでます。加圧って10年くらい前にブームになりましたが、米国FDA認可のフィットネスとしてその後も確実に評価を集め、血行改善、成長ホルモンの分泌増加(若返りによいってこと!)など、多くの健康効果が認められているそう。決して最新ではないかもしれませんが、安定のメソッドとして改めてトライしてます。そして今回のワークアウトプラン最大のポイントは家から1番近いジムを選び、生活動線内に組み込み「習慣化」すること。今は、リモートワークを始める前に朝イチで運動し、ロッカールームを利用せず自宅でシャワーするというフローにしています。マスク着用に消毒・手洗いなど徹底しながら、新しいチャレンジを楽しんでます。(VOGUE GIRL エディター 諸岡 由紀子)

【関連記事】