Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【第3回】日本の子供の「読解力」低下が意味すること|VERY

配信

magacol

「読解力」はすべての勉強、あるいは将来の社会活動においても、基本中の基本となるものです。

日本の子供たちの学力が、世界でどれくらいの位置にあるのか、気になることがあると思います。厳しい“受験戦争”があるのだし、きっと世界屈指の高さであろうと期待しちゃいますね。確かに世界の中では高いほうです。先進国ですから、当たり前といえば当たり前。でも、このところあまりいい結果が出ない分野があります。それが「読解力」。日本は、OECD(経済協力開発機構)が年ごとに実施する「生徒の学習到達度調査(PISA)」に参加していますが、直近の’18年調査では厳しい結果が出ました。 パックン家のマネー教育“1食100円生活”から金融インフルエンサーになるまで

調査のある3分野のうち、OECD加盟37カ国における比較では、「数学的リテラシー」では1位、「科学的リテラシー」も2位という堂々たる結果に対し、「読解力」は11位。それも前回(35カ国中)の6位から一気に5つも順位を落としました。またOECD加盟国以外も含めた全79の参加国・地域の中では、「数学的リテラシー」は6位、「科学的リテラシー」は5位、そして「読解力」は15位とさらに順位を下げ、1位は3分野とも「北京・上海・江蘇・浙江」。日本より上位には、主にアジアの国々が並びます。特に日本で深刻なのは、「テキストから情報を探し出す問題」や「テキストの質と信ぴょう性を評価する問題」の正答率 が低く、また「数学的リテラシー」や「科学的リテラシー」でも「自由記述」となると、正答率が低いということ。つまり、文章を理解 すること、また自分が言いたいことを文章に表すという能力が相当低下しているということなのです。

「読解力」はすべての勉強、あるいは将来の社会活動においても、 基本中の基本となるものです。読解力がなければ、どの分野であっ ても、問題の意味も理解できないし、社会に出てからも、一つ一つ の仕事の意味、あるいは、人が言わんとしていることを理解できないということにもつながる、最も重要な能力といってもよいでしょう。文部科学省は、今回の結果について、調査方法がパソコンを使ったもので、その操作に慣れていなかったということを、一つの要因として挙げています。でも、パソコンでの調査は前回(’15年)から始まったもので、それを理由にしていては根本的な解決にはなりません。

【関連記事】