Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

資生堂が実験、メンズメイクで“Web面接”は好感度2割増し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

男性がオンライン面接を受ける時、眉毛の形を整えたり、肌の色を整えたりとメイクをした方が、面接官の印象がよくなる──。 【全画像をみる】資生堂が実験、メンズメイクで“Web面接”は好感度2割増し そんな実験結果を、資生堂が芝浦工業大大倉典子・名誉教授の監修の下、まとめた。 実験の結果、「メンズメイクはオンライン上でのミーティングの際、相手をリラックスさせ、好感度を上げる可能性がある」としている。   実験は資生堂のメンズブランド・ウーノ が6月27日と7月4日に分けて実施。20 代の男性4人にメイクした状態と、メイクしていない状態で、パソコン画面を通じて面談(オンラインミーティング)を行った。資生堂とは無関係の30代、40代の男女各3人が、面接官として面接の様子をモニターで観察し、面接後に好感度を判定。また面接官の脳波と心拍を観測し、リラックス状態などを測定した。 メイクの内容は、肌の色やキメを整えて見せる「BBクリーム」と、眉の形を整えるため「アイブロウ」、血色をよく見せる「リップクリーム」を使用した 。

メイクあり「目ヂカラ」「自信がある」評価

アンケートの結果、第一印象の好感度については、面談を受けた男性全員が「メイクあり」の方が好感度が高かった。 「とても好感を持った」を100%とし、「全く好感を感じなかった」を0%として100段階で評価した平均値は、「メイクあり」が71%となり、「メイクなし」の47%よりも23ポイント高かった。 「清潔感を感じる」「目ヂカラがある」「肌がきれい」など外の項目評価でも「メイクあり」の方が高くなった。 また内面の印象でも、「安心感がある」「元気がある」「自信がある」「垢ぬけている」などの項目で「メイクあり」の方が高評価だった。

インタビューする側、穏やかな気持ちに?

また実験で面接官の脳波を調べたところ、メイクをしている場合のほうが、面接官側の緊張が抑えられたという。 面接官役の6人の脳波をみてみると、「メイクなし」の場合「穏やか」「心地よい」と感じている割合は37%だったが、「メイクあり」の場合は42%に上昇した。 また心拍数の測定でも「メイクあり」の方が、面接官の心拍数が低下し、リラックス状態が高いことが推定された。 調査では「メイクをした男性と画面越しと接する際、インタビューする側が穏やかな気持ちで接することができる可能性がある」としている。

【関連記事】