Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

水谷豊主演エンターテインメント時代劇『無用庵隠居修行』第4弾、9・22放送

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の水谷豊が主演する4K時代劇スペシャル『無用庵隠居修行4』がBS朝日で9月22日(後8:00~9:54)に放送されることが明らかになった。 【写真】釣り糸を垂れる水谷豊と岸部一徳  直木賞受賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説「無用庵隠居修行」を“隠居殿” 水谷豊דお節介用人”岸部一徳דお転婆旗本息女”檀れいらの出演でドラマ化。2017年に初めて放送されて以来、今回で4作目。格式ばった時代劇とは一線を画した3人のコミカルで軽妙な絡みはそのままに、今回はこれまでとはやや趣が異なる“悪”に水谷演じる半兵衛が対峙する。  主人公・日向半兵衛(水谷)は、直参旗本の大番士だったが、出世のことしか考えない同僚に嫌気がさし「無用庵」でのんびりと隠居暮らしを始める。新太郎(田中偉登)を養子にし、隠居生活も板についてきたが、長年半兵衛の世話をしている用人・勝谷彦之助(岸部一徳)は、若殿・新太郎の世話をしつつも、なんだかんだと大殿・半兵衛の様子を見にきては、半兵衛にひかれている「お転婆」な奈津(檀)との縁談を進めようとする。  半兵衛も奈津については満更でもないのだが、今は欲を捨て去り隠居をした身。今さら妻をめとる気などないと言っているが、前作では勘定方の奈津の父・清四郎(橋爪淳)から「奈津のことを頼む」言われ、つい「承知した」と返事をしてしまい…。半兵衛もいよいよ年貢の納め時!?  そんな予感を抱かせつつ幕を開ける第4弾。江戸に遊女ばかりを狙う辻斬りが出没、人々が恐怖に怯える中、半兵衛は奈津と母親の郁(市毛良枝)を前に清四郎から「いつ奈津をもらってくれるのか?」と迫られる。勝谷の機転でなんとかその場を逃れるものの、その勝谷もある悩みを抱えていた。  というのも、何かと気が利く新太郎の新妻・おふみ(松風理咲)のおかげで自分の出る幕がないとのこと。もう隠居するしかないかと、とこぼす勝谷に半兵衛はともに隠居修行を、と誘う。  一方、品行方正で実直な新太郎は上役とも良好な関係を築いていくが、同僚の正太郎(森永悠希)は生真面目すぎる性格が災いし下足番に降格。正太郎は父・半兵衛の幼なじみ・安田善四郎(段田安則)の息子であるだけに、新太郎も気がかりでならない。そんな中、遊女を狙う辻斬り騒動は収まらず、ついには半兵衛も事件解決に乗り出すことになる。勝谷の隠居修行の行方、辻斬りの意外な犯人、半兵衛と奈津の気になる縁談、と気になるストーリーが展開していく。  新太郎を演じる田中は、NHK連続テレビ小説『エール』に、主人公の実家の呉服屋で働く店員役出演し、注目度もアップ。今回は半兵衛ら3人に加え、新太郎と妻・おふみの人間関係にもスポットを当てる。 ほかに、半兵衛の理解者でもある火付盗賊改・長谷川平蔵役に榎木孝明。半兵衛を高く評価している老中・松平定信役に杉本哲太など、おなじみのキャストが集結。  今回は、半兵衛の幼なじみ・安田善四郎に段田安則、その妻・里に石田ひかりがゲスト出演。さらに清水ミチコと堀部圭亮が胡散臭い(?)祈祷師として登場する。2作目から登場した橋本マナミも農民おせき役で再び登場。夏木マリも過去3作同様の安定した語りで、笑いとサスペンス、感動もある「無用庵」ワールドを盛り上げる。  なお、前作『無用庵隠居修行3』をテレビ朝日で今月29日(後1:30~※関東ローカル)に地上波初放送することが決定。BS朝日では、これまでの作品『無用庵隠居修行1~3』の再放送も行う。

【関連記事】