Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6月の練習試合で乱打戦頻発…データで検証、開幕延期は投手の調整に影響を与えたのか

配信

Full-Count

6月の練習試合は得点と本塁打が増…客観的なデータで見ても乱打戦が多かった

 6月19日、ようやく2020年のプロ野球が開幕しました。今季は開幕延期や練習の自粛もあり、選手は例年とは異なる調整を強いられた中で開幕を迎えています。開幕前の練習試合では乱打戦が非常に多かったことから、開幕延期の影響が投手の調整不足を招いているのではという指摘もありました。例年と比べ調整具合はどうだったのか。データから検証を行ってみたいと思います。 【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮  まず、練習試合が本当に乱打戦だったのかどうか、客観的なデータで見ていきたいと思います。イラストには2019年のセ・リーグ、パ・リーグと、3月のオープン戦、オープン戦終了後に行われた3月の練習試合、そして開幕前の6月の練習試合における1試合平均得点と1試合あたりの本塁打を示しました。

 昨季のデータから見ると、セパともに1試合平均得点は4.2~4.3点。1試合あたりの本塁打は1.0本という値でした。これが3月に行われたオープン戦や練習試合では1試合平均4.0~4.2点。1試合あたりの本塁打も0.7~0.8本と、昨季のレギュラーシーズンに比べるとやや得点や本塁打が入りにくかったようです。  ただこれが自粛明けの練習試合では1試合平均4.6得点、1試合あたりの本塁打も1.2本と、昨季のレギュラーシーズンと比べてもかなり得点・本塁打が多く生まれています。6月に乱打戦が多かったのは客観的なデータから見ても事実だったようです。

乱打戦頻発の理由は? 本当に投手は調整不足なのか…

 ただ乱打戦が多かった=投手のコンディションが悪かったと結びつけるのは早計です。それ以外の要因が乱打戦を生んでいる可能性も十分に考えられるためです。また、探せば調整の遅れている投手もいたかもしれませんが、その数名の投手の調整遅れをもって開幕延期の影響が出たとはいえません。  そこで今回は、NPB全体のストレートの球速に注目したいと思います。毎年選手の入れ替わりが多くあるプロ野球界ではありますが、ストレートの球速を集計した場合、毎年それほど大きな変動はありません。6月に行われた練習試合におけるストレートの球速が、例年のNPB全体の球速から逸脱して遅くなっているようであれば、それは開幕延期による調整の遅れであると考えられるのではないかと思います。  またストレートの平均球速は開幕時が最も遅く、その後はゆるやかにスピードが増していくことが研究によってもわかっています。これらから、単純に昨季とストレートの球速を比べるのではなく、月別に分けてストレートの平均球速を比較してみたいと思います。

【関連記事】