Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

刈谷 佐野朋生監督「ピッチのなかで現状を冷静に把握し、行動を起こすことができるメンタリティを育てたい」

配信

高校サッカードットコム

 県内屈指の進学校でありながら、全国選手権の出場回数で県内最多(19回)を誇る''伝統の赤ダスキ''刈谷。就任13年目を迎える佐野朋生監督にお話を伺った。 ――就任時からの想い。  県立の学校ですのでスカウト活動は行えませんが、就任当時も今も変わらないことは、入学してきてくれた選手達の努力のおかげで現状があると感じています。また、大学へ進学した選手達が多くサッカーを継続してプレーしてくれていることも嬉しい限りです。 ――昨シーズン、インターハイ県予選は名経大高蔵にベスト16敗れ、選手権予選では愛工大名電に敗れベスト8。敗れた相手が共に全国出場し、悔しさも味わったシーズンだったかと思います。  共に接戦ではありましたが、そういうゲームに勝てていないということは、まだまだやるべきことがあったんだという事なのかなと。結果としての悔しさはもちろんありますが、選手達がチームの為に様々なことを考え、行動してくれたことには満足をしています。  選手権後に、サッカーが楽しかったからもっとサッカーのレベルが高い大学へ挑戦したいと進路を変える選手が何人かいたこともまた、収穫の一つだったと感じています。  そして今シーズン、普段の取り組みを更に見直し、本人達が納得のいく結果を出したです。 ――結果としての目標とは別に、監督が目指すサッカー、チーム作りとは。  週に1回、自分達でトレーニングメニューを考え実施する日もあれば、フィジカルデータを取って足りない部分を重点的にトレーニングする日を作るなど、選手達が自ら取り組んだり、良さが引き出せるようなアプローチをしています。  毎年、フォーメーションは異なりますし目指すべきサッカーも徐々に進化しています。理想を言えば、常にボールを持って主導権を握る戦いができることですが、全ての試合がそういう展開ではありません。ピッチのなかで現状を冷静に把握し、行動を起こすことができるメンタリティを育てたいです。 ――今、取り組むべきこと。  部活動自体を完全に行っていない状態なので、勉強もトレーニングもいかに自分で計画を立てて取り組むか、またその振り返りがいかに大切かを選手達には話しています。サッカー部として、トレーナーにフィジカルメニューの動画を作成してもらうなど、選手達の手助けになるような取り組みもしています。  今回の騒動で、普通にサッカーができることの有り難みを感じられたり、人間的に成長できるチャンスだとポジティブに受け止められる選手がでてきてくれると、とても嬉しいですね。 ――より自主性を問われるこの時期をどう乗り越えるか。チームとしてよりポジティブに、そして未来に繋がる取り組みが、今後の刈谷を大きく成長させる。

【関連記事】