Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染拡大防止を学べるボードゲーム。小学生の自宅学習にも

配信

ESSE-online

アメリカ・シアトルに住んで十数年。子育てに奮闘するライターのNorikoさんに、現地で話題のフードやライフスタイルを紹介してもらいます。今回は、コロナ禍や梅雨でおこもり中の親子にぴったりの、アメリカで話題のゲームについてです。 夏は熱中症対策に「布マスク」の活用を。屋外ではつけないことも大事

アメリカで話題のボードゲーム「パンデミック」を実際にプレイしてみた

●こんなときこそ「パンデミック」を親子で学ぶ機会に 新型コロナウイルス感染防止のための自宅待機命令が5月いっぱいで解除され、段階的に緩和措置が取られているシアトル。公立校も閉鎖となり、そのまま6月中旬から夏休みです。 おうちにこもる小さな子どもたちは、病気にかからないようにきちんと手洗いすることはわかっても、どうしてこんな事態になっているのか、よく理解できていないかもしれません。 でも、それは大人も同じ。「パンデミック」になるとどうなるのか、終息させるにはなにをどうしたら良いのか、なかなかうまく説明できないものです。

そこで試しにプレイしてみたのがアメリカで今話題となっているボードゲーム、その名も「パンデミック」! よくある対戦型ではなく、ウイルス対策の専門チームとなる2~4人のプレイヤーが協力しながら、世界的なパンデミックを終息させるためにあれこれ手をつくしていくチームプレイ型のゲーム仕様です。無事、パンデミックを終息させられたらゲームクリアとなります。 子どもも大人もゲームで遊びながら、感染症がどのように拡大していくのかが目に見えてわかり、どんな専門家がウイルス対策の最前線に立っているのか、感染拡大を食い止めるために必要なことはなにかが学べます。また、プレイヤーは世界各地を移動するので、世界地理の知識も身につきます。 8歳以上が対象ということで、ちょうど社会や理科の学習が始まる小学3年生から遊べるのがうれしいですね。

●「パンデミック」ゲームの遊び方 プレイヤーはまず、パンデミック阻止に動く専門家の職業を各自選びます。科学者、研究員、衛生兵、通信司令官、ジェネラリスト(バージョンによって異なる)があり、それぞれ役割に応じたアクションが可能で、米国アトランタにあるアメリカ疾病予防管理センター(CDC)から出発し、世界各都市にコマを進めていきます。 赤、青、黒、黄色のブロックは4種類の病原体を表し、色と都市名が入った感染カードをめくっては、世界中の各都市に病原体のブロックを置いていきます。1都市で同じ色のブロックが4個以上になったら「アウトブレイク」となり、船や飛行機で直行できる別の都市にも病原体が拡散。プレイヤーはターンごとに世界各地を移動して病原体を1個1個取り除き、拡散のスピードを抑えなければなりません。 また、プレイヤーは同時にプレイヤーカードをめくって、同じ色のカードをできるだけ早く一定数そろえ、それぞれの病原体のワクチンを発見できるよう協力し合うことも必要です。プレイヤー同士が近くの都市や研究所で落ち合うなどしてプレイヤーカードを交換し合い、4種類の病原体すべてのワクチンをプレイヤーカードがなくなるまでに開発できたら人類の勝ち。ワクチンが間に合わなければ、拡散が止められずにゲームオーバーです。

【関連記事】