Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セレナが2回戦へ、前年準優勝のボンドルソバら3人がシードダウン [テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 今年最後のグランドスラム「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦9月27日~10月11日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第6シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がクリスティ・アン(アメリカ)を7-6(2) 6-0で下し、初戦を突破した。試合時間は1時間41分。 フレンチ・オープン2020|トーナメント表  両者は先のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でも1回戦で対戦し、セレナが7-5 6-3で勝っていた。  ロラン・ギャロスに3年連続18回目の出場となる39歳のセレナは、過去3度(2002年、13年、15年)の優勝経験がある。昨年は3回戦で、ソフィア・ケニン(アメリカ)に2-6 5-7で敗れていた。  セレナは次のラウンドで、アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)を6-3 6-3で破って勝ち上がったワイルドカード(主催者推薦枠)のツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)と対戦する。  そのほかの試合では、第3シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、第25シードのアマンダ・アニシモワ(アメリカ)、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)、ジャン・シューアイ(中国)、イガ・シフィオンテク(ポーランド)、シェイ・スーウェイ(台湾)、予選勝者のレナタ・ザラズア(メキシコ)が2回戦に駒を進めた。  第12シードのマディソン・キーズ(アメリカ)がジャンに3-6 6-7(2)で、前年の準優勝者で第15シードのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)がシフィオンテクに1-6 2-6で、2009年覇者で第28シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)はパブリウチェンコワに1-6 6-2 1-6で敗れ、それぞれ初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン) ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者 ■女子シングルス1回戦|主な試合結果 ○8アマンダ・アニシモワ(アメリカ)[25] 6-2 6-0 ●7タマラ・コーパッチ(ドイツ) ○14シェイ・スーウェイ(台湾)6-3 7-6(1) ●13バルバラ・ハース(オーストリア)[Q] ○15イガ・シフィオンテク(ポーランド)6-1 6-2 ●16マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)[15] ○26アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)6-1 2-6 6-1 ●25スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[28] ------ ○33エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[3] 7-6(2) 6-4 ●34バルバラ・グラチェワ(ロシア) ○35レナタ・ザラズア(メキシコ)[Q] 6-1 6-2 ●36エルサ・ジャクモ(フランス)[WC] ○64セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[6] 7-6(2) 6-0 ●63クリスティ・アン(アメリカ) ○111ジャン・シューアイ(中国)6-3 7-6(2) ●112マディソン・キーズ(アメリカ)[12]

【関連記事】