Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小型ながらプレミアム感満載! 日産 キックスe-POWER 新型車解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

日産が10年ぶりの新型車となるコンパクトSUV“キックス e-POWER”を2020年6月に導入しました。2010年にデビューし好評だった初代ジュークの後継モデルとなるキックスの詳細について、国内外の新型車事情に精通するカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が徹底解説。今回は全4回のまとめ・総集編をお届けします。 ■初代日産 ジュークの後継車種! キックスe-POWER を詳しく画像でチェック ▼詳しくは関連記事をチェック!

日産らしいアクティブで精悍なデザインのキックス

日産は今週24日(水)、国内では10年ぶりとなる全くの新型車「キックス e-POWER」を発表し、6月30日から発売をしました。 5月末に行われた4カ年計画「NISSAN NEXT」発表において、日本をコア市場のひとつとして再定義した新生日産が発表する国内向けのニューモデル第一弾となるキックス。 カラーバリエーションは単色9色、ツートーン4色の全13色を用意しており、価格は275万9900円~286万9900円です(消費税込み)。

日産 新型 キックス徹底解説4選

■サイズも排気量も日本にマッチするSUV 概要編 最近の新型車にはSUVが目立ちますよね。 特に日本の使用環境に適するのは、全幅を1800mm以内に抑えた車種です。このニーズに応えて日産は、2020年6月にコンパクトSUVのキックスを発売しました。 最近の日産では新型車の発売が滞り、国内における小型/普通車の新型車は、2017年9月に登場した2代目リーフ以来であり、完全な新型車となると10年ぶりの導入となります。 キックスは初代日産 ジュークの後継車種に位置付けられます。 ■カラバリは全13色と多彩! デザイン&インテリア編 日本で販売されるキックスのグレード構成はとてもシンプル。 駆動方式も前輪駆動の2WDだけで4WDは選べない。グレードはX(価格は275万9900円)とX ツートーンインテリアエディション(286万9900円)の2種類に絞りました。 日本の混雑した街中や駐車場でも扱いやすいサイズのキックス。ノーマルエンジンを用意しない理由とは一体…? グレードはシンプルですが、カラバリはかなり多彩なようです! 2代目の新型ジュークを日本で発売しなかった理由とは…? ■コンパクトなのに、あの大ヒット作「セレナ」並みのパワー! 燃費をライバル車と徹底比較 こちらではライバルの国産コンパクトSUV各車と、キックス e-POWERの燃費を比較してみました。 キックスの車両重量は1350kgに収まり比較的軽量。コンパクトカークラスの軽量ボディにセレナ並みのパワーなので、動力性能としては十分な実力を備えています。 ライバルとなるクルマは一体どんなクルマなのでしょうか? ■強豪だらけのコンパクトSUVに打ち勝てるのか!? ライバル車比較編 前回は燃費の比較でしたが、今回は多方面でのライバル比較。 日産のキックス e-POWERと熾烈な戦いを繰り広げるコンパクトSUVのライバル車についてご紹介します! ホンダ ヴェゼル、トヨタ C-HR、マツダ CX-30に加えて、キックス e-POWERよりもさらにボディの小さなあのコンパクトなクルマたち、さらにさらに日産の兄貴分まで…!? 現在はSUVブームで車種の選択肢も豊富のため、いろいろと比較検討して、ご自分に最適な1台を見つけて頂きたいです! ▼詳しくは関連記事をチェックしてみてくださいね!

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA