Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【麒麟がくる】初大河の木下ほうか 1回のみの出番も「インパクト残る役」

配信

ENCOUNT

木下ほうかは織田信秀の弟・信光役で初大河 「撮影が楽しみだった」

 現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第15回(4月26日放送)に、木下ほうかが織田信秀の弟・信光役、梅垣義明が尾張の守護代・織田彦五郎役で出演する。 【写真】マムシが出家! 第15回は大荒れの予感  木下は今回が大河初出演。信秀の死後、甥である織田信長の家督相続を支持する信光役を演じ、「今回の出演はこの1回だけですが、とてもインパクトが残る役で、撮影がとても楽しみでした」と振り返った。さらに殺陣のシーンにも挑戦したことを明かし、「殺陣の先生や監督とも相談してシーンを作りました。とても手応えがありましたし、みなさんに満足していただけるシーンになっているのでは」と胸を張った。  一方、信長の弟・信勝を支持する織田彦五郎は、劇中で何度も名前を呼ばれてはいたが今回が初登場。梅垣は「大河ドラマ出演は3作目ですが、毎回すぐに死んでしまう役です(笑)」と茶目っ気たっぷりに語った。「今回も3時間くらいで撮影が終わってしまい、楽しい時間をあまり過ごすことができず残念」と悔しがったが、「とてもいい現場。多くの時間とスタッフと美術セットで、丁寧に作っていく現場はそれほど多くはありません。短い時間でしたが、とてもいい時間を過ごすことができました」と感謝していた。  26日に放送される第15回「道三、わが父に非(あら)ず」では、道三(本木雅弘)が仏門に入り、ついに高政(伊藤英明)が家督を継ぐ。信長の存在を快く思わない高政は、信長と敵対する彦五郎との関係をほのめかす。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT