Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<24時間テレビ>Aぇ! group、関西サポーターに就任! 正門良規「パフォーマンスという形で皆さんを盛り上げたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

関西ジャニーズJrのAぇ! groupが、8月22日(土)、23日(日)に放送される「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(日本テレビ系)に、関西ローカル枠・ytvスペシャルサポーターとして出演することが決定した。 【写真を見る】<24時間テレビ>メインパーソナリティーは各グループから5人が集結!総合プロデューサーが起用理由を明かす 正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉の6人からなるAぇ! groupは、8月3日に行われたytvスペシャルサポーター就任インタビューで、「24時間テレビ」に対する意気込みをそれぞれ語った。 ■ 実は出演経験のあるメンバーも! まずはスペシャルサポーターに選ばれた率直な感想について末澤は、「驚きましたが、去年はなにわ男子、そして今年はAぇ!groupがやらせていただけるのは光栄です。『24時間テレビ』を通してAぇ!groupも成長したいし、僕たちから少しでも視聴者の方に温かさ、ぬくもりを伝えられたらいいなと思います」と話す。 草間は、「『24時間テレビ』は、ジャニーズの方が関わっているイメージがあるので、出演するのは夢でした。正直、去年のなにわ男子が羨ましかったので、『おお、ついに僕らに来たか!』とうれしかったですね」とにっこり。また、「今の状況だからこそ、関西から元気に盛り上げていこうと、僕らを選んでいただけたこともうれしかったです」とも語る。 佐野は、「僕が小学生の頃、2012年の『24時間テレビ』で、当時、嵐の松本潤くんが指揮を勉強するために指揮者の方のもとを訪ねる企画があったんです。僕はその時、その指揮者の方がプロデュースするオペラに出演していて、僕が歌っている姿を見た松本くんが『お前、よかったよ』ってハグしてくれたんです。松本くんは、僕が生まれて初めてお会いした芸能人で、『24時間テレビ』が生まれて初めて見たテレビ収録です。だから今回は自分が出演する側になり、感慨深いです」と明かし、メンバーは「初めて聞いた!」「その話、すごいな!」「今までよく隠してたな!」と驚いた表情でザワザワ。 ■ 元気を届けたい 小島は、「めちゃくちゃうれしかったです。毎年家族と観る番組に出演するなんて、まだ不思議な感じで実感が湧いていないかも」とうれしそうな様子。 福本は、「今、コロナの影響で思うような生活できない方や、困っている方がいると思います。エンタメの世界で生きている自分としては、そういう方々に元気を届けたいという気持ちがあって、こんな大きな番組でその機会が巡ってきたことがうれしいです」と熱く語った。 正門は、「今回のテーマは、世の中の状況にぴったりの『動く』。当てはまる人がたくさんいると思うし、今だからこそ意味のあるテーマだと思います。僕らだけじゃなく、視聴者の皆さん、この番組に携わる方全員で足並みを揃えて一歩動き出せたらと思います」と真っ直ぐな目で語った。 ■ Aぇ!groupをより多くの方に知っていただくきっかけに また、スペシャルサポーターとしてがんばりたいことについて聞かれると、「番組を一緒に楽しみながら、Aぇ!groupをより多くの方に知っていただくきっかけになりたい」と草間。「僕は『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜夜7:00-7:58、日本テレビ系)に出演しているので、顔を知ってくれている方は多いかなと思うんです。だから、『あ!あの子、こんなところに出てる!』と注目してもらえたら」と語った。 佐野は、「大舞台、そしていつもと違う環境ですが、グループとして個人として、元気や明るさを伝えていきたいです。ひとりひとりの個性まで伝えられるよう、萎縮せずにがんばっていけたら」と目を輝かせた。 小島は、「大阪からたくさんの方を勇気付けられるように、スペシャルサポーターという役割を全うしたいです」と自らを奮い立たせた。 福本も、「これまでの『24時間テレビ』なら、過去の放送というお手本があると思うんですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、リモート出演もあり、募金も直接できないし、これまでにない新しい『24時間テレビ』になると思います」と真剣な表情。「『今年は仕方ないよね』ではなくて、『こんな状況でもエンタメってすばらしい』と思っていただけるように。これをきっかけに配信も楽しんで観ていただけるようにがんばりたいです」と前向きに語った。 正門は、「ライブです」ときっぱり。「ジャニーズとして僕たちができるパフォーマンスを注ぎ込みたいです。それに、この期間があったから『やっぱり曲の力、歌の力ってすごい』と改めて思えたので、僕らもパフォーマンスという形で皆さんを盛り上げたいです」と意欲的。 末澤は、「僕たちのパフォーマンスで、気持ちや熱さを、少しでも感じ取ってもらえるとうれしいです。僕たちを通して『24時間テレビ』により入り込むというか、興味を深めてもらえたら」と語った。 ■ ガッツポーズで撮影をし感慨深い気持ちに 昨年は、なにわ男子がスペシャルサポーターを務めたが、もちろんその模様はチェックしていたそう。 「なにわ(男子)のみんながチャリTシャツを着ているのを見て、『すごいな!』と思ったし、すごく力を注いでいるのを感じたので、仲間として刺激を受けました。そんなポジションに、今年も関西ジャニーズJr.から選んでいただいた。このバトン、来年にしっかりつなげていけたらいいなと思います」と笑顔で語った。 これを受けて末澤は、「さっき6人で、チャリTシャツを着て『Aぇ!group』と書いたパネルの前でガッツポーズして写真撮影してもらったんですが、『あ、ジャニーズしてるな』って思いました。Aぇ!groupは、激辛料理を食べたりビリビリを食らったりというのが多くて、なかなかガッツポーズで撮影することがないんです(笑)。改めてジャニーズやなって実感させていただきました」と語り、メンバーを笑わせた。 ■ チャリTシャツをデザインしてみたい 『24時間テレビ』の思い出や印象に残っていることを尋ねたところ、福本は昨年の「嵐×高校生 ブラスバンド甲子園」をピックアップ。「応援の力ってすごいなと思いましたね。高校生のエネルギーと、嵐さんのオーラ。まさに『24時間テレビ』でしか見られないコラボだったので、それがすごく印象に残っています」と振り返る。 正門は「僕が好きなのは、ロケですね。ジャニーズの先輩がロケに行った先で、『メンバーで誰が好き?』と聞いた時、名前が挙がったら喜んでたり、反対に名前が出なかったり…。そのくだりがとても好きです。自分たちもいずれそういうロケに行けたら、『これこれ!』というのを体感してみたいです」とうれしそうに語った。 末澤は、Aぇ!groupで衣装を担当していることもあり、チャリTシャツを挙げ、「大野くんがチャリTシャツのデザインをしていたので、自分もいずれそういうことに挑戦してみたいなと思いました」と語った。 すると草間が「じゃあ僕は、そのTシャツの絵を描きたいと思います。(末澤は)絵が下手なので」とメンバーを笑わせ、末澤も「一緒にやるか!?」とノリ気に。続けて草間は「もう一つはダンスです」と答え、「僕はダンスが好きなので。それに『24時間テレビ』のダンス企画は結構大人数で踊ったりするので、いつか一緒に踊ってみたいですね」とにっこり。 佐野は、「関ジャニ∞さんと嵐さんが2組で対決したことがあったと思うんですが、2組がそろうのをあまり見たことがなかったので僕にとっては夢のコラボでした。それも『24時間テレビ』ならではだと思います」と振り返った。 小島は、「僕は『笑点』が好きなので、林たい平さんが走ったチャリティーマラソンです。ゴールの時、こん平さんと抱き合った瞬間、ものすごく心に来ましたね。一番印象に残っています」としみじみ。 ■ 「大きなお金が動きました(笑)」 また、今年のテーマである“動く”にまつわるエピソードも聞いた。 佐野は、「2025年の大阪・関西万博に向けて動き始めているなと感じています」と、7月28日の“なにわの日”に開催された関西ジャニーズ勢による生配信ライブについて言及し、「2025年の大阪・関西万博につながるように動き始めていると思います」と語る。 草間は、「最近、家をバリアフリーにしようということで、大きなお金が動きました(笑)」と自宅のバリアフリー計画を明かしてメンバーを沸かせた。 末澤は、幼なじみの第2子誕生を挙げ、「奥さんが妊娠している時に、幼なじみがエコーの動画を送ってくれて。赤ちゃんが動くエコーをリアルに見たのは初めてでしたし、幼なじみの子どもということもあって感動しました。その子、今日産まれました!」と優しい笑顔で語り、メンバーから拍手が湧く一幕も。 正門は体重を挙げ、「自粛期間中に人生最大体重の64kgまで増えましたが、今は58kgまで落としました。がんばりました!」とにっこり。 福本は「一歩動くという意味では、読売テレビさんに初めてお邪魔しました。コナンくんがいっぱいいました。僕、怪盗キッドが好きなんですが、キッドもいてうれしかったです。観光じゃないんですけど(笑)」とうれしそうに語り、小島は、「スマホに動画配信サイトのアプリを入れたんですが、むちゃくちゃ感動する野球ドラマに出会って心が動きました」と明かした。 ■ Aぇ!groupを覚えてもらいたい 最後に、改めて意気込みを語った6人。 小島は、「全力で『24時間テレビ』をサポートし、Aぇ!groupを覚えてもらうのは一つの目標。Aぇ!groupでよかったねと思ってもらえるように爪痕を残したいです」。 福本は、「『24時間テレビ』を通してAぇ!groupを覚えてもらい、少しでも応援したいなと思ってもらえるようなグループになっていくきっかけになればいいなと思っています」。 正門は、「終わってから『Aぇ!groupでよかったね』と言ってもらえるようにがんばります!」。 末澤は、「Aぇ!groupをたくさんの方に覚えてもらう良い機会をいただいたので、リピートしてまたもう一度Aぇ!group見てみたいなとか、次はコンサートを見てみたいなとか、少しでも興味を持っていただきたいです」。 草間は、「『この子ら、ずっと全力やな』とか『ジャニーズなん?この子ら見てたら元気が出てきたわ』と。それがいろんなお茶の間で言われるように、僕らの熱意を伝えたいです」。 佐野は、「昨年の『24時間テレビ』で、なにわ男子がその後に目に見えてすごい勢いが出ていたので、僕らもそうなれるように良いものにしていきたいです。正門くんがさっき、『いただいたバトンをつなげるように』と言っていましたが、僕はバトンを持ったままで(笑)。『Aぇ!groupが絶対必要!』と思ってもらえるくらいがんばりたいです!」とそれぞれ意気込んだ。(ザテレビジョン)

【関連記事】