Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新浪剛史/中長期戦略・中国進出を止めてはいけない〈安倍政権の経済ブレーンが語った日本企業の「問題点」〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 新型コロナの感染拡大が様々な問題を招いています。安倍晋三総理が外出やイベントの自粛を呼びかけるなど、日本は今、緊急事態に突入していると言っていいでしょう。2万4000円台だった株価も一時、1万6000円台まで大きく下がりました。  サントリーのビジネスにおいても、3月4月の歓送迎会シーズンは年末に次ぐ最需要期ですから、本当に大きな痛手です。特に“前出し”と言っていますが、すでに卸店さんに出荷してしまった商品は今後このような状況が続くと、その先で滞り、追加の注文が入りません。社員の働き方も制約を受け、社員の多くは自宅でのテレワークや時差出勤を余儀なくされています。  総理が要請した「一斉休校」については、確かに若干唐突で、説明不足との声が多かったと思います。しかし東京五輪・パラリンピックを控えていた中、早め早めに手を打たなければいけないのは、トップとして当然の判断でしょう。1日も早くコロナ危機を解決したいという総理の強い意思の表れだと思います。  リーダーというのは、基本的に何をやっても批判されてしまうもの。何事にもトレードオフ(何かを得れば何かを失う関係)はあるし、ジレンマがあります。私も社長歴は25年ほどになりますが、誰もが満足する完璧な判断など不可能です。  だから、大きな危機に直面した時は迷っている場合ではありません。豊富な経験で磨かれた現場感覚と倫理観をもとに、迅速な判断を直感的に下すことが最も重要なのです。目まぐるしく変わる情勢下では、問題が起きたら、その場その場で修正していくしかありません。

本文:7,954文字

写真:3
  • 新浪剛史氏 (c)文藝春秋
  • 新宿駅の改札前も閑散としている (c)AFLO
  • 安倍首相 (c)文藝春秋

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

新浪 剛史/文藝春秋 2020年5月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます