Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「何の不安もありませんでした。」私が初めてカツラを外した日

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

日本人男性の3割が発症するというAGA(男性型脱毛症)。今回取り上げるS・Sさん(仮名・40代・男性)もまた、薄毛に悩まされた患者の1人でした。そんなS・SさんはAGAをどのように克服したのでしょうか。この記事は、音田正光著『薄毛革命「自毛主義」のすすめ』より一部を抜粋・再編集したものです。

まだ20代の若さでカツラをつけることに…

「何だか頭のてっぺんが薄くなってきたな」 そう気になり始めたのは20代前半頃のことでした。高校を卒業してからそれほど長い年月が経っているわけではないのに、「高校生の頃より、だいぶボリュームが変わってきた」と感じたのです。 不安になり、頭頂部をよく調べてみると、確かに以前よりかなり薄くなっているように思えました。実は、私の父親も薄毛。そこで父親に相談してみたのです。 「今後の予防としても、育毛剤を使ってみたらどうだろう」 父にそうアドバイスされ、私はさっそく育毛剤を試してみることにしました。市販で手に入る塗り薬や飲み薬など、髪が生えることを願って、いろいろ使ってみたのですが……。残念なことに、期待していたような効果や実感を得ることはできませんでした。これにはとてもがっかりしました。 でも、そうこうするうちにも薄毛は進んでいきます。それなのに育毛剤がきかないとなったら、どうすればいいのだろう? そう考えた挙げ句、次に私が頼ったのがカツラでした。そう、まだ20代の若さだというのに、カツラを着用したのです。 カツラをかぶると確かに薄毛は隠せますが、今度はカツラをつけているがためのストレスや悩みが生まれてきます。私はもともとスポーツが好きで、活発なタイプでした。でも、カツラをつけていると、行動するうえで大きな制限が出るのです。 顔や頭を水につけられない、だから大好きな水泳ができない、プールへも行けない……。好きなスポーツを制限されることは私にとって苦痛でした。 それにカツラをつけているということは、精神的にも非常なストレスになります。いつもカツラをかぶっていると意識せずにいられない。外したらラクになれるけれど、人に薄毛がバレてしまう。だから、外したくても外せない。そんな不安や葛藤がいつも頭の中にあるのです。

【関連記事】