Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「クソみたいな芝居して!」自分に厳しすぎる女優が、あえて傷つきにいくワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

妻に先立たれた夫と、母を亡くした娘。容易に消えることのない寂しさと向き合いながら、父娘は一歩一歩成長していく。 重松清原作の小説を山田孝之の主演で映画化した『ステップ』(飯塚健監督)が、7月17日(金)に公開される。 親子を見守る保育士役を演じた伊藤沙莉が、「悲しみとの付き合い方」を語った。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

自分の一部にするしかない

――消えることのない「悲しみ」「寂しさ」と付き合っていくことが、作品のテーマのひとつになっていると思います。伊藤さん自身はこれまで、どんな風に「悲しみ」と向き合ってきましたか。 私は付き合うというより、どっちかというと逃げちゃう人間です。なるべく傷つきたくないって思っちゃうし。 そういう風に生きてはきちゃいましたけど、やっぱり自分の一部にするしかないっていうか。 これが起きなければ…って考えるよりは、起きたからこそ違う視点でものが見られるようになったと考える。マイナスの中にあるプラスを見つけ出していかなきゃな、とは感じていますね。

傷つくことで見えるもの

――「傷つきたくない」という割には、結構頻繁にエゴサーチをされているとも聞きましたが…。 傷ついてた時期もありました。今はちょっと笑えますけど。 人間としてはあんまり傷つきたくないんですけど、お仕事に関してはその傷がつくことでひとつ成長する時もある。 目を背けたくなる言葉が、意外と自分の弱点を突いてたりして。弱点を知り、向き合っていくことで自分もステップアップしていける。 だからお仕事に関しては「あえて傷つきにいく」っていうのは、よくやりますね。

名前と「嫌い」で検索した過去も

――わざと自分の名前と「嫌い」とかのワードで検索するのも、その一環ですか。 なんで嫌いなのか知りたくて。でも最近は、シンプルに名前でしかやらないです。なんかもう、「わざわざ何やってるんだろう」と思ってきちゃって(笑) いいことも悪いことももらうけど、「たまたま見えちゃった」ぐらいがちょうどいいかなと思って。わざわざ自分からは見に行かないようにしてます。 ――凹んだり、傷ついたりはお仕事上のことが多いですか。 そうですね。「やっぱり向いてない」って、今まで何回思ったんだろう。 だいたい一個うまくいかないと、「やめればいいんだ、こんなの。クソみたいな芝居して!」みたいな感じで、自分に対して言っちゃいますね。

【関連記事】