Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義×成田凌 狂おしくも切ない恋

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第898回】 シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。 今回は、9月11日から公開の『窮鼠はチーズの夢を見る』をご紹介します。

恋愛映画の名手・行定勲監督が描く、新しい愛のカタチ

10年以上にわたり熱狂的なファンに支えられて来た、水城せとなによる傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を、日本を代表する映画監督・行定勲が映画化。 揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋が、時に繊細に、時に大胆に展開します。

『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじ

広告代理店に務める大伴恭一は、学生時代から“自分を好きになってくれる女性”と受け身の恋愛を繰り返して来た。何となく結婚し、そして当たり前のように不倫もしている。 ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会した恭一は、今ヶ瀬から「ずっと好きだった」と告白される。突然の出来事に動揺を隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、2人は一緒に暮らすことに。 ただひたすらにまっすぐな今ヶ瀬の想いに、恭一も少しずつ心を開き、今ヶ瀬と過ごす時間が次第に心地よくなって行くが……。

『窮鼠はチーズの夢を見る』のみどころ

主人公の大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』に続き、単独主演を務める大倉忠義。 どこまでも優しいけれど、その優しさが時として残酷さにもつながる。そんなつかみどころがない恭一を繊細に、そして艶やかに演じています。 そして恭一を一途に想う今ヶ瀬渉役には、『愛がなんだ』『カツベン!』など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌。恭一に向ける潤んだ瞳が実に愛らしく、狂おしいほどに切ない恋心を抱く今ヶ瀬の姿は、観る人の共感を誘うことでしょう。 また2人を取り巻くタイプの異なる女性たちを、吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、小原徳子らがそれぞれ熱演しているのにも注目です。

【関連記事】