Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ローマの開幕戦が没収試合…登録外の選手起用してヴェローナの勝利に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GOAL

セリエAの2020-21シーズン開幕節ヴェローナ対ローマが没収試合になることが発表された。 19日に行われたセリエA開幕節でローマは敵地でヴェローナと対戦。この一戦はスコアレスドローで終わったが、試合後にローマが先発で起用し、89分間プレーしたアマドゥ・ディアワラの登録問題が発覚する。 7月に23歳になったギニア代表MFだったが、ローマは同選手をU-22チームに登録したままにしており、25名からなるファーストチームのスカッドに登録されていなかった。これを受け、レガ・セリエAは22日、この一戦を没収試合とし、ホームチームの3-0の勝利に試合結果を変更することを発表した。 実質的に勝ち点1が剥奪された今回の処分を受け、ローマはクラブのミスを認めているものの、リーグ側の登録システムに不備があることを主張している模様。さらに、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スカイスポーツ・イタリア』は、同クラブがこの決定を不服として、異議申し立てを行うことを報じている。 なお、今回のケースはセリエAで初めてのことではなく、2016年にはサッスオーロが登録されていないアントニーノ・ラグーザを起用したとして、対戦したペスカーラの3-0の勝利として扱われていた。

【関連記事】

最終更新:
GOAL