Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今秋公開の「iOS 14」で、あなたのiPhoneを進化させる10の新機能

配信

WIRED.jp

アップルがオンライン開催した開発者会議「WWDC 2020」では、今回は新しいハードウェアが発表されなかった。しかし、今秋公開が明らかになった「iOS 14」の新機能は、iPhoneのユーザーにとって大きな期待がもてるものだ。 【画像】iOS 14の注目すべき10の機能 今回は「iOS 13」で搭載されたダークモードのように目を引く機能こそなかったが、ようやく実装されるヴィジュアル面での変化や完全な新機能、より洗練されたプライヴァシー関連機能など、全体的によくまとまっている印象がある。以下にiPhoneを進化させる主な10の新機能を紹介する。

1.デフォルトのブラウザーとメールアプリの変更が可能に

新機能のなかでも特に注目されているのが、メールやブラウザーのアプリとして、サードパーティー製をデフォルトに設定できるようになることだ。その注目度は、基調講演後のツイートの内容を『WIRED』UK版が分析しても明らかだった。ようやくユーザーの声が届いた、といったところなのだろう。 これまでも「Google Chrome」や「Gmail」、その他のマイナーなアプリを利用すること自体はできたのだが、iOS 14ではこれらを標準アプリとして設定できるようになる。つまり、リンクをクリックしたときに標準で開くアプリを自由に設定できるようになるのだ。これは素直に喜ばしいことである。

2.個人情報の管理機能が強化

「App Store」で配信されるアプリがユーザーをトラッキングする際には、ターゲット広告を含むいかなる目的であっても利用者の許可が必要になる。こうしたユーザー側の個人情報の管理機能が強化されたことは驚きだった。 なかでも実際にiOS 14で試してみたいのが、位置情報について「おおよその位置」を共有できる機能と、マイクとカメラの使用状況を画面上に表示する機能だ。また、ブラウザーとして「Safari」を使っていれば、「Privacy Report」機能でサイトが扱う個人情報を確認できる。

3.ホーム画面の全面刷新

Android端末や、かつて存在していた「Windows Phone」のユーザーは、カスタマイズ可能で動的なコンテンツ表示に対応したウィジェットをホーム画面で活用してきた。iOS 14での新しいホーム画面では、これらよりも動的なコンテンツをウィジェットとして配置可能になる。具体的には、さまざまなサイズのウィジェットをホーム画面に配置し、天気予報やスポーツ、イヴェント、その他あらゆる情報をリアルタイムで表示できるようになる。

【関連記事】