Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

おぎやはぎにEXIT兼近…大御所タレントにトドメを刺す「中間管理職」芸人たちの好景気

配信

デイリー新潮

 ネットニュースで毎日名前の挙がるタレント。田中みな実も相当だが、EXIT兼近の名前はもっと見る気がする。政治や社会問題に対する発言が取りあげられていることが多い。言い方はチャラいが、的確なコメントだと評価されている。「ワイドナショー」を中心に、今や名コメンテーターとしての立場を築きつつある。

 どちらかといえば、もともとマトモだがあえてチャラい姿勢を貫いているように見える兼近。過去には逮捕歴もあり、当初は派手な見た目だけのイロモノかと思っていた。しかしあれよあれよという間に人気が出て、「霜降り明星」と並んで「お笑い第7世代」の中核をなすように。イケメンということも大きいだろうが、何よりも空気を読んで振る舞う「中間管理職」力が高かったように思える。  金はないが視聴率がほしいテレビ界において、もっとも重宝されるのは「中間管理職」タレントだ。ほどほどな金額で、きちんとテレビ局や大御所の思惑をくんでくれる人。若い世代からも親しみと尊敬を集めつつ、上の世代からは可愛がられる、そんなタレントである。その筆頭がEXIT兼近であり、おぎやはぎであると思う。ブラックマヨネーズやサンドウィッチマンも「中間管理職」力が高い。あと、ゆきぽよやみちょぱといった、ギャルタレントたちもそうだ。  彼らは建前を、本音のように話してくれる。軽い口調やゆるい空気感に包み、「正論」という圧力を与えない。媚びず、力まず、偉ぶらず。コロナ禍で疲れ切ったお茶の間には、その距離感がちょうどいい。政治や社会問題、芸能人の不祥事まで、ワイドショーでの話題はコンプライアンスやハラスメントと隣り合わせだ。料理のしかたひとつで大事故になる。でも「中間管理職」タレントによって、ほどよい味つけができて一丁上がりだ。しかも取り扱いが難しい大御所とも、うまくやってくれる。  例えば兼近の出演している「ワイドナショー」はダウンタウンの松本人志がMCで、おぎやはぎは坂上忍がMCの「バイキング」に出演中だ。アクの強い司会者のもとでも、ひょうひょうと自分の仕事をこなすことで、番組のバランスを取っている。司会者自身もクセの強さを自覚しているゆえに、彼らがいてくれるメリットをよくわかっているのだろう。コメントを振ってまとめることも多い。  ただそうした大御所タレントたちは、むしろ可愛がっている中間管理職タレントたちによって、居場所を追われつつあるのではないか。その理由は、昨今の「毒舌疲れ」によるものだ。

【関連記事】