Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本初!60歳以上限定のeスポーツ施設が神戸に誕生

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 eスポーツはなにも若者だけのためのものではない。中高年やシニア層がプレイしてはいけないというルールはないし、むしろ誰もがどこにいても楽しめる「ゲーム」は、高齢者でも楽しめる趣味なのだ。会員資格を60歳以上とした、日本初のシニア専用eスポーツ施設「ISR e₋Sports」が7月2日、神戸市中央区にオープンした。  同店で用意されているのは、すべてインターネット上でプレイできるオンラインゲーム。メールアドレスを使ってアカウントを取得すれば、オンラインで世界中とつながることができる。マウスひとつでできるものからコントローラーを使う本格的なタイトルものまで幅広い。  常駐のスタッフがゲームの選び方・始め方から指導し、時には一緒にゲームをして補助しながらプレイする。まったくの初心者でも安心してeスポーツを楽しむことができるしくみで、体に無理のない健康的なゲームライフを送る環境を目指して運営しているという。  営業時間は3部制で、それぞれの定員は6人、1日最大18人を受け入れる。料金は現在体験期間中につきいずれも共通で1,000円(税込)。各部ともに2時間の設定だが、プレイ時間は90分。残りの30分はクールダウンタイムになっている。プレイで疲れた心や体を休めて、コーヒーを飲みながらスタッフや周りの客とコミュニケーションをとるための時間だ。身体に無理なくプレイができて、そして新たな交流の場としても機能する。いわば60歳以上の大人のための新しい部室だ。  感染症対策は万全で、換気をじゅうぶんに行うほか座席ごとにパーテーションを設け、消毒を徹底、入室の際には検温を実施する。家のリビングのような雰囲気で入りやすく、友達と誘い合わせて行っても、ひとりで行っても楽しめる。  ファミリーコンピュータやWindows1.0がリリースされて、約35年。例えば、いま60歳の人なら25歳のとき。ワープロから、ワードやエクセルを使うようになったことでパソコンの操作に長けている人は多い。また、喫茶店でインベーダーゲームやパックマンをプレイした人はゲームセンスを鍛えている。いまのシニア世代にとって、ゲームは縁の遠い存在ではないだろう。  誰でも気軽にはじめることができるeスポーツだが、これをはじめる最大の障壁は知らない、わからない、一緒にする友達がいない、の3つだろうか。それらすべてを解消して、気にせず思う存分プレイを堪能することができる場所だ。シニアの新たな世界が花開くこと間違いない。 【ISR e₋Sports】 住所 神戸市中央区古湊通1丁目2-16 ISRビル3階(エレベーター完備) 電話 078-366-1355 メール isr.10@isr-group.co.jp(担当:梨本) 利用料金 現在体験期間中につき各部共通1部あたり1,000円(税込) 営業時間 ≪1部≫10:00~12:00(計120分) ≪2部≫13:00~15:00(計120分) ≪3部≫15:00~17:00(計120分) ※営業スケジュールはホームページ掲載の営業カレンダーを参照 ※ラジオ関西『PUSH!』2020年7月2日放送回より

ラジオ関西

【関連記事】