Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国ネット民、旭日旗めぐりフィリピンと対立し大炎上に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

赤と白のストライプを発端に誤解が誤解を呼び非難の応酬に

日韓関係のいざこざといえば、歴史問題や竹島問題など様々なイシューが頭に浮かぶが、その中でも旭日旗問題はこれまでに何度も取り上げられてきた。【ウォリックあずみ】 [映像] 問題の美人インフルエンサーのタトゥーとは ところが、この旭日旗をめぐり日韓間ではなく、フィリピンと韓国のネット対立が始まり注目を浴びている。 今月5日、フィリピン系アメリカ人の人気インフルエンサーであるベラ・ポーチさんが、自身のTikTokにダンス動画を配信した。彼女は、TikTokアカウントフォロワー数が2600万人を超え、インスタグラムも470万人以上のフォロワーがいる世界的人気者だ。ところが、この動画が韓国で物議を醸すこととなる。 1人ダンスを踊る彼女が左手を上げる動作をすると、その腕には心臓の絵と旭日旗を思わせる赤の放射線状の背景がデザインされたタトゥーが見える。韓国人が旭日旗に敏感に反応することはご存じの方も多いだろう。韓国のネットユーザーを中心にベラ・ポーチ氏への批判が始まった。 このダンス動画はすぐに削除され、騒ぎとなった翌日の6日には、ベラ・ポーチ氏のツイッターにて謝罪文が公表されている。彼女は、歴史的な意味を知らなかったこと、そしてそれを知った後は腕をカバーして隠していたこと。さらに、このタトゥーを消す施術を受ける日程を決めたことを告げ、韓国人に謝罪のコメントを書き込んだ。 本人は謝罪したものの...... このまま収束に向かうのかと思いきや、今度はコメント欄から彼女のフォロワーたちの対立が発生し、いつしか韓国vsフィリピンの構図となってしまった。 ベラ・ポーチ氏が反省し謝罪したにもかかわらず、韓国のネットユーザー達がコメント欄にベラ・ポーチ氏の容姿に対する誹謗中傷を書き込み、さらにはベラ氏だけでなくフィリピンという国やフィリピン人に対して「小さい国」「貧しい国」「学ぶことができない背低い人々」など人種差別とも取れる書き込みを投稿しだした。 これに激怒したフィリピンのネットユーザー達は、#CancelKorea (キャンセル韓国) #ApologizeKorea(韓国謝罪しろ) #ApologizeToFilipinos(フィリピン人に謝罪しろ)などのハッシュタグ運動を開始し、ついには韓国のニュースなどに大きく報道されることとなった。 すると、今度はそれを見た韓国側がフィリピンの国旗を燃やし破る動画や、つばを吐きかける動画を製作しネットにアップロードし始めた。すると、フィリピン人もそれに対抗するように韓国の国旗を破ったり踏みつけたりする動画を投稿。お互いにどんどんエスカレートしてしまった。 9日には、ベラ・ポーチ氏が自身のツイッターでこの状況に対して「私を攻撃するのは構わないが、フィリピンの人たちを攻撃し馬鹿にするのは我慢できない」と発言し、さらに反感を買うこととなってしまった。

【関連記事】