Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人・坂本だけではない。各球団、「筋肉系」の故障者が増える理由。

配信

Number Web

 開幕から快進撃を続けてきた巨人に暗雲が立ち込めている。  7月9日の甲子園球場での阪神戦のスタメンから坂本勇人内野手の名前が消えていた。 【秘蔵写真】意外と見たことない坂本や投手・丸&由伸、小林の高校時代。昔からクールで男前の鳥谷、大阪桐蔭で凄かった藤浪、ヤンチャそうな森友哉&中田翔、投手イチロー・根尾、ゴツい山川&平田に細い浅村&松坂…名選手50人の球児時代。  実は雨天中止となった前日に本人が脇腹痛を訴え、中止決定前に発表されていた先発メンバーからも外れていたのである。 「ムリさせる必要はないというところですね。本人が試合前に脇腹をちょっと気にしていたということなので。明日は様子を見て……」  原辰徳監督はそう説明していたが、結果的には翌日の試合も大事をとっての欠場となった訳である。

主力選手に故障禍が広まっている。

 坂本は2018年の7月に左脇腹痛で出場選手登録を外れて、復帰までに約1カ月かかった過去がある。いわば古傷の再発。それだけに慎重に慎重を期したということなのだろう。  しかもここにきての巨人は、坂本だけでなく主力選手に故障禍が広まっているのが気になるところだ。  7月4日の中日戦では先発した田口麗斗投手が3回1安打無失点の好投をしながら、左太もも裏の張りを訴えて4回のマウンドに上がることなく降板。翌5日に登録を抹消されている。  さらには田口が抹消された5日の中日戦では1点を追う9回にマウンドに上がった守護神、ルビー・デラロサ投手が先頭のダヤン・ビシエド内野手に本塁打を浴びた直後に異変を訴えた。  すぐさま宮本和知投手チーフコーチがマウンドに走り、本人と話すと両手でバツを作って降板を決定。デラロサは左脇腹の肉離れという診断で、こちらも6日に登録を抹消されることになった。

3人とも「筋肉系の故障」という共通点が。

 次々と起こった故障禍だが、この3人に共通しているのが、いずれも筋肉系の故障だということだ。  しかもこの現象は巨人だけではなく、開幕から2週間が経過した前後から球界全体で目立ってきている現象なのである。  ざっと調べると中日では6月27日に又吉克樹投手が左腹斜筋損傷、7月3日にはソイロ・アルモンテ外野手が左脇腹痛、9日には柳裕也投手が右腹直筋の挫傷で登録を抹消された。  ソフトバンクも長谷川勇也外野手が7月7日に右脇腹筋挫傷で抹消されると、8日にはマット・ムーア投手が左ふくらはぎの筋損傷で登録を外れた。  オリックスも6月27日に山岡泰輔投手が左内腹斜筋損傷、7月8日には比嘉幹貴投手が左大腿二頭筋損傷でそれぞれ一軍登録から外れている。

【関連記事】