Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ピザハットが「お車ピザ」をスタート 「置きピザ」に続く感染予防のサービス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia ビジネスオンライン

 大手ピザチェーン「ピザハット」を運営する日本ピザハット(横浜市)は8月3日、「お車ピザ(ピザ車内受け取りサービス)」を開始した。サービスを提供するのは全国64店舗。 【画像で見る】お車ピザの導入店舗  このサービスは、公式Webサイトもしくは公式アプリで事前予約したピザを車で受け取りに来たお客に対して、店舗スタッフが駐車場まで届けるというもの。注文時に「『お車ピザ』を希望する」欄にチェックをして、車種・色・ナンバーを入力。店舗に到着後、指定された番号に電話をするとスタッフが商品を車まで持ってくる。お客は車を降りる必要がなく、人との接触を最低限に抑えられる。  新型コロナウイルスの感染リスク軽減だけでなく、「雨の日に車外に出ることなく、商品を受け取りたい」「子どもを車内に待たせることなく、安心して商品を受け取りたい」といったニーズもあると想定している。  日本ピザハットは新型コロナの感染防止のため、2020年3月からピザの置き渡しサービス「置きピザ」をスタート。サービス開始から約5カ月で20万件以上の利用があったという。大きな反響があったことから、持ち帰りサービスを利用するお客にも安心してピザを提供するため、お車ピザを開発した。  同様のサービスは、大手回転寿司チェーンのくら寿司も導入している。5月中旬以降、全国10店舗で“新型ドライブスルー”のサービスを実験的に導入した。これは、お客がくら寿司の公式アプリで商品を注文し、駐車場に到着してから「到着ボタン」を推すと、店員が車まで持ってきてくれるというもの。一定の効果が認められたことから、全国100店舗強にまで拡大するという。

ITmedia ビジネスオンライン

【関連記事】