Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナの脅威が心配される西アフリカ・セネガル「宗教的な集まりを制限するのは難しい」

配信

エキサイトニュース

アフリカでもその脅威が心配される新型コロナウイルス。フランス語を公用語とする西アフリカのセネガルでは、現在非常事態宣言が出され外出は制限、夜21時から翌朝5時までの夜間は完全に外出禁止だ。 現在の首都ダカールの様子を、現地で事業を行う日仏ハーフのリナ・ロベールさんに聞いた。 取材/加藤亨延 宗教的な集まりを制限することの難しさ

――新型コロナは、セネガルでどのようにして広がりましたか? 3月2日にセネガルで初めての新型コロナウイルスの感染が確認されました。最初の感染者はフランス人でした。セネガルはフランスとの貿易や支援団体、人の行き来が多く、また、定年後をセネガルのヴィラで暮らすフランス人もたくさんいます。最初はヨーロッパからの帰国者を中心に感染が確認され、その後は首都ダカールで感染者が確認され、その後はトゥーバという町で広がりました。現在(5月20日)、セネガルにおける新型コロナ感染者は累計で2600人以上に。死者は30人で、1133人が快復し、1453人が治療中です。 ――セネガルで非常事態宣言が出されたのはいつですか? 3月23日に発表され24日から行われました。その前、3月19日には空港が閉されています。

――たとえば大きなスポーツイベントなど、セネガルでは感染が拡大するようなきっかけはありましたか? 非常事態宣言が出された後にも、宗教の大きなイベントがありました。ダカールから車で2時間ほど離れたセネガル中部に、先ほど話題に出したイスラム教の聖地として知られるトゥーバという町があります。ここでは毎年大きな巡礼祭が開かれ、セネガル国内以外にもマリなど近隣諸国から巡礼者が来ますが、非常事態宣言が出された後でもお祭りは行われました。そこで感染者数が広がったと言われています。 ――国によっては宗教的なものへの制限が、ときに難しいですよね。 セネガルでは、宗教の存在が大きく、イマーム(指導者)はすごく大切にされ、大統領選も宗教の影響を広く受けます。 ――セネガルならではの感染拡大の原因はありますか? セネガルは1世帯の人数が多く、特に貧しい地域は同じ屋根の下で、大家族で暮らしています。ご飯も大皿に盛って、同じ皿からそれぞれが手を使って直接口にご飯を運びます。そういう状況だと、どうしても感染の機会が多くなります。先ほどお伝えした宗教的な集まりもそうですし。 ――セネガルで感染が爆発する恐怖みたいなものはありましたか? 個人的には感じませんでした。もっとも世間で騒がれていた時期が、3月末から4月頭にかけてでしたが、おそらく今でも皆、心配だと思います。

【関連記事】