Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マルチに活動の幅を広げる金髪ショート界の救世主・篠崎こころ「外でおパンツ見せて撮影したりもして、なんか解放感がありました(笑)」

配信

週プレNEWS

DJ、モデル、コスプレイヤーなど、さまざまな顔を持つ篠崎(しのざき)こころが、5月25日(月)発売『週刊プレイボーイ23号』のグラビアに約4年ぶりの登場! 【画像】丸みを帯びた体つきになった篠崎こころのグラビア インフルエンサーの、まだ誰も見たことのない新しい"顔"――。アイドル活動を卒業した彼女に、グラビア撮影のエピソードや近況などを聞いた。 * * * ■最初の女の影を追ってるみたいです ――「溺れる」がテーマのグラビアでしたが、いかがでしたか? 篠崎 服を着たまま夜の海に入ったんですけど、時期的にまだちょっと寒かったから入るまでに勇気が必要で......。でも、沖縄の海がすごくきれいだったし、一度漬かってしまえば気持ちよくて、"溺れる女"を演じられたと思います。雨が降りそうな曇り空も、いい雰囲気を醸し出してました。 ――街を歩きながらの撮影は、小雨が降っているなかで行ないました。 篠崎 そのときに着た衣装のスカートがブリティッシュロックっぽいチェック柄で、お気に入りなんです! 周りにほとんど人がいなかったから、外でおパンツ見せて撮影したりもして。 ――おパンツ(笑)。 篠崎 スカートをまくり上げて下着をチラ見せしました。普段じゃ絶対できないことだから、ていうか絶対やらないんですけど(笑)、なんか解放感がありましたね。 ――もしかして、実は普段もおパンツ見せたい願望が......。 篠崎 それはないはず(笑)。 ――前回週プレに登場していただいた約4年前と比べて、変わったところはどこですか? 篠崎 いちばんは外見かな。顔はそんなに変わってないと思うんですけど、体重が5kgくらい増えたと思います。だから、ちょっとは女性らしい丸みを帯びた体つきになったのかなって。 ――ズバリ、その要因は? 篠崎 当時はアイドル活動をしていて、毎日のようにライブをしてたからだと思います。しかも、その頃はちょうどエモーショナルなアイドルがはやっていて、自分の身も心も削ってライブでその姿を見てもらうのがアツかった時代だったから、運動量もすごくて。 ――ステージ上でガンガン暴れ回って、フロアにダイブしたりしていましたもんね。 篠崎 もちろん、それがそのときにできる最大限の見せ方だったと思うから後悔はないです。だからその頃と比べると、今は穏やかな老後を過ごしてるような感覚です。

【関連記事】