Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋田駅前が変わった!一面の芝生広場 イベント会場にも

配信

秋田朝日放送

「県都の玄関口明るく緑豊かに」

JR秋田駅の西口が新たに生まれ変わりました。 駅前の広場の一般利用開始に合わせて式典が開かれ テープカットなどが行われました。 広場はJR秋田支社が平面駐車場の営業を終了し 土地を市に返還したことを受け 去年9月から工事が進められていました。 広場の芝生面積はおよそ1400平方メートル 改修事業費はおよそ2億1千万円で 真ん中には歩道があり 憩いの場としてだけでなく、イベント会場としても活用できます。 「県と市の陸の玄関口として、非常に明るく緑豊かな秋田市の象徴として役割を果たしてもらいたい」 また、この広場に飾られていた「団欒の群像」も修復され 作品の除幕式が行われました。 「団欒の群像」は秋田の彫刻家・阿部米蔵の作品で 1961年に秋田ライオンズクラブの発足を記念して 秋田市に寄贈されました。 にぎわいの創出を目指して大きく生まれ変わった駅前広場では 10月3日と4日に「秋のあきたグルメフェスタ」が開催される予定です。