Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ再開へ県内4チームが練習試合 無観客でも「声援」響く 静岡県

配信

静岡朝日テレビ

 Jリーグは今月J2が再開、J3が開幕。J1も来月再開します。再スタートに向け、県内の4チームが練習試合を行いました。  試合は無観客でしたが、選手に声援を送る取り組みも試されました。  観客席にサポーターの姿はありませんが、スタジアムに響くサポーターの声。練習試合ではスマートフォンのアプリなどを通じて、スピーカーから声援を流すことができるリモート応援システムの実証実験も行われました。

J2ジュビロ磐田vsJ3アスルクラロ沼津 13日 静岡・磐田市 ヤマハスタジアム

 スタジアムに公式戦さながらの声援が鳴り響く中、J2ジュビロはJ3のアスルクラロ沼津と対戦。前半38分のジュビロ。右サイドから松本がクロス。そのこぼれ球を上原が左足で豪快に蹴りこんで先制します。  ジュビロは後半に入り1点を追加すると、迎えた12分、上原が前線へロングパス。これを受けたエース・小川航基がゴール右隅へ狙いすましたシュート。3点目を奪います。  後半30分には左サイド、宮崎のクロスに上原。上原は、この日2得点1アシストの大活躍。この後もゴールを奪ったジュビロが大量5得点で、再始動後初となる練習試合に勝利しました。    結果 ジュビロ磐田5-0アスルクラロ沼津

J1清水エスパルスvsJ3藤枝MYFC 13日 静岡市 アイスタ

 こちらもリモート応援の声が響く中で行われたJ1エスパルス対J3藤枝MYFCの試合。前半10分、藤枝のフリーキック。大石が頭で合わせて先制します。  1点ビハインドのエスパルスは、迎えた30分、この試合がエスパルスでのデビュー戦となったカルリーニョス! 豪快なミドルシュートを突き刺し、追いつきます。  さらに44分、右サイド宮本のクロスが抜けたところにカルリーニョス。しかし、このチャンスは決めきれません。同点で折り返した後半、エスパルスは、攻守が連動し、試合の主導権を握ると藤枝を圧倒。すると21分、右サイド金子のクロスがゴールに吸い込まれ、ラッキーな形で逆転に成功します。  ところが27分、エスパルスの守備陣がゴール前でミス。追いつかれてしまいます。  新加入のカルリーニョスがゴールを奪ったものの、今シーズン開幕戦で3失点した課題の守備に不安を残す結果となりました。  結果 清水エスパルス2-2藤枝MYFC カルリーニョス:「きょうはチームにとって重要な試合だった。エスパルスのユニフォームを着たデビュー戦でゴールを決めてうれしい」