Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

遺族厚生年金は働いているともらえないって本当?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

地域の集まりで、久しぶりにご近所の高齢女性Aさんと会話したときのことです。 ご主人を亡くされたのは20年近く前になり、1人になられてからもお勤めされていたのですが、今は働いてないとのこと。「働くと、遺族年金がもらえなくなっちゃうでしょう? そう言われたから辞めたの」 しかし、よくよく聞いてみると、何か勘違いされていらっしゃるかもしれません。

給与収入で年間850万円未満なら受給できます

Aさんのご主人(会社員)が亡くなられたときは、ご主人はまもなく定年退職という頃。お子さまたちはすでに成人し独立されていました。 満18歳(1、2級の障害状態にある場合は20歳)の3月31日までお子さまがいる場合は遺族基礎年金を受け取れますが、お子さまが成人されているAさんは遺族厚生年金の受け取りです。 遺族厚生年金を受けられる「遺族」は、亡くなった方に生計維持をされていた、 第1順位 配偶者・子(18歳の年度末まで〈1、2級の障害状態にある場合は20歳まで〉) 第2順位 父母 第3順位 孫(18歳の年度末まで〈1、2級の障害状態にある場合は20歳まで〉) です。 先の順位の人が遺族年金を受けることができる場合、次の順位の人には遺族厚生年金は支給されません。遺族厚生年金を受けていた人が受給権を失った場合も、後の順位の人に受給権が移りません。 ここで、生計を維持されていたとは、亡くなられた人と生計が同じで、収入が将来にわたって850万円(所得が655万5000円)以上得られないと見込まれる場合です。 Aさんはパートタイムで働かれていたようで、850万以上にはならない状態でした。よって、65歳になるまでは、収入を得ながらも遺族厚生年金を受け取っていました。

中高齢の寡婦加算

ご主人が亡くなられたときに、Aさんは55歳。お子さまがすでに独立されていたので、Aさんは遺族厚生年金に加えて中高齢の寡婦加算(令和2年度は58万6300円)を受け取っていました。 中高年の寡婦加算は、死亡したご主人の被保険者期間が20年以上で、40歳以上で子のない妻は、65歳になるまで老齢厚生年金に加えて定額で受け取れます。 Aさんは昭和20年生まれで、60歳からご自身の特別支給の老齢厚生年金が受け取れました。60代前半にご自身の老齢厚生年金を受け取れる方が遺族厚生年金を受け取っている場合、遺族厚生年金とご自身の老齢厚生年金とどちらか一方を選べます。 Aさんの場合は、ご主人の遺族厚生年金と中高齢の寡婦加算の合計金額がご自身の老齢厚生年金より大きいため、遺族年金を選びました。

【関連記事】