Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【熊本の記憶】「もう家に帰れるよ」夢抱き4歳で亡くなった愛娘 母の悲しみ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KKT熊本県民テレビ

2016年4月に最大震度7の揺れが2度襲った熊本地震。死者は272人にのぼります。月日は流れ、自宅の再建、インフラ整備、復興は着実に目に見える形で進みますが…今もなお、地震で大切な人を亡くした遺族はあの日を忘れることはありません。 先天性の心臓の病気で入院中に病院が被災、転院を余儀なくされ、わずか4歳でこの世を去った宮崎花梨ちゃん。 あれから4年―。花梨ちゃんの母親はいま、娘と同じ年くらいの子どものために花梨ちゃんがいた病院でボランティアをしています。月日とともに忘れゆく災害の記憶を後世につなぐためにいま思うこととは。

【まさか…“命を救う“病院が倒壊の危機 4歳の娘を亡くした母】

熊本県合志市に住む宮崎さくらさん。4年前に娘の花梨ちゃん(当時4歳)を熊本地震で亡くしました。 宮崎さくらさん 「震災があって花梨が亡くなってその時に初めてね、普通に生きていることは全然普通でもなんでもなくて…いつ壊れたっておかしくないんだって。それを教えてもらった。気づかせてくれた。」

2016年4月。2度の大きな揺れが熊本を襲いました。のちに本震と呼ばれる4月16日。 花梨ちゃんは熊本市にある熊本市民病院に入院していました。生まれてすぐ心臓の一部に穴が開き、心臓や肺に大きな負担がかかる先天性の病気で、地震発生の3か月前に、熊本市民病院で3回目の手術を受けました。手術の前日に撮影した動画には、花梨ちゃんが笑顔で答える様子も。 花梨ちゃん 「退院したらいっしょに遊ぼうね。おもちゃでいっぱい遊ぼうね」

幾度の手術に耐えた花梨ちゃんの夢は「幼稚園に行くこと」 その夢を支えにして、つらい治療も乗り越えてきました。母のさくらさんは花梨ちゃんの回復を待ち、2016年4月から幼稚園に通えるよう手続きを終えていたといいます。ようやく回復の兆しがみえた時、熊本地震が襲いました。 宮崎さくらさん 「とにかく最初は花梨のことを思ったし、とにかく病院が無事であるようにと思いました」 熊本市民病院は2度の大きな揺れで天井や壁が崩落。入院患者全員が転院、退院を余儀なくされました。花梨ちゃんもその1人でした。花梨ちゃんは本震が発生したその日のうちに福岡市の九州大学病院に転院になりました。 宮崎さくらさん 「病院の先生が『途中で心臓が止まるかもしれないけど必ず連れて行きます』とおっしゃって…あの時はとにかくここから出ないと危ないと思っていて、必ず絶対に向こうに着く。着いて治療を絶対に始められるって。絶対元気になるって…それしか考えていなかったから」 呼吸器のチューブなどを付けたまま、救急車で福岡市の病院に向かった花梨ちゃん。通常であれば、およそ1時間半で着く道のりですが、県外へ避難しようとする被災者で道は渋滞していました。結局、病院に到着したのは3時間後でした。 宮崎さくらさん 「移動の負担もあって着いたときは、とにかく今まで見たことないくらい悪い状態だったんですよね。 病院の先生からは『熊本に戻れる可能性はもう数%しかない』と言われたんです」

【関連記事】