Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

待ちわびたライブが中止…傷心中の客にかけた店員のひとことが話題に「悲しい気持ちが少し昇華される」

配信

ABEMA TIMES

 新型コロナウイルス拡大の影響を受け、イベントやコンサートの中止が相次いでいる。そんな中、チケット払い戻しの際に起きた客と店員のやりとりが話題となっている。 【映像】チケット払い戻し時のやりとりが話題に

 話題になったのは、SORさん(@SOR976)がTwitterに投稿した実話マンガ。待ちわびていたライブツアーが中止となり、悲しい気持ちでチケットを払い戻しに行った投稿者。「いっぱいあってすみません」と謝った投稿者に対し、店員は「こんなに…。いっぱいあったのになくなっちゃったの悲しいですよね…」と声をかけたそう。「彼女にとってはただの間を持たせるだけの会話だったのかもしれない…でも…一緒に『悲しい』を共有できた事で何だか少しだけ救われた気がするのです」と締めくくられたこのマンガには3万以上のいいねが付き、「なんだか救われるよね」「悲しい気持ちが少し昇華されるよね」などのコメントと共に反響を呼んだ。  投稿者は、楽しみにしていたライブの中止を受け入れたくなくギリギリのタイミングまで払い戻しを引き延ばしていたと明かすと「5公演分もあって心苦しかったのに店員さんの言葉が嬉しかったです!反響の大きさに驚きましたが、みなさん同じように思ってたんだと実感。再開したらイベント等へ行きたいです!」とコメントした。

 コメンテーターのサリー楓氏は「大好きだったイベントが中止になったりすると悲しいと思うので、せめて悲しいということの共有だけでもしたいですよね」と共感。MCを務める柴田阿弥アナウンサーも「このように家族や友達、この場合は店員さんでしたが、誰かの一言で救われることってあるんですね」と続いた。 (ABEMA/『けやきヒルズ』より)

【関連記事】