Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

74人雇い止めか コロナで休業の沖縄のホテル 請負会社手当て支払わず 従業員収入ゼロ

配信

沖縄タイムス

 新型コロナウイルスの影響で休業した本島北部のリゾートホテルで客室清掃などを担う74人の従業員が、5月末限りの雇い止めを打診されたとして、雇用主の業務請負会社(東京)に説明を求める嘆願書を提出していたことが3日、分かった。4、5月の休業手当は支払われていない。コロナ禍でこれだけ多数の雇用危機が明らかになるのは県内で初めて。(政経部・玉城日向子)  沖縄タイムスの取材に対し、客室清掃として働いていた女性は、2020年2月までは月に20日以上働き平均14万円の収入があったが、新型コロナの影響で4月上旬以降は仕事がゼロになり、収入が一切なくなったと話した。4月上旬に雇用主から「仕事があるときにだけ連絡する」と電話があったが、連絡はなかったという。休業手当の支払いはない。  女性の給与明細には雇用保険や社会保険の記載がない。女性によると雇用主は4月上旬以降、シフトを作成しておらず、最新の雇用契約書の本人控えも雇用主が保管している。  従業員らの雇用主である業務請負会社は取材に対し、勤務日が確定している場合には休業手当を支払っているとした上で、「シフト勤務で勤務日が確定していない場合には休業手当はない」と説明した。雇用調整助成金は約1週間前に申請したと説明したが「手続きが煩雑な上、いつ支給されるかも分からない状況」だとし、何人分申請しているかについては、現時点では答えられない、と述べた。  また、「当社存続の不安も従業員の不安も全く払拭(ふっしょく)できないのが現状だが、従業員とは納得いくまで話し合いをさせてもらいたい」と説明した。  一方で、厚生労働省労働基準局監督課は「この女性のように1年間継続して月20日以上の勤務実績があった場合は、シフトがなくても休業手当支払いの判断材料になる」と話した。  雇用調整助成金については、「要件が緩和され、休業実績を基に支給がされるので、シフト勤務で勤務日が不確定でも申請は難しくない」とした。  連合沖縄や県労連にも同社の従業員から複数相談が寄せられている。 新型コロナ 9面=ズーム売上高2.7倍 12面=オーシャンズ始動 21面=#来県自粛に謝意 22面=与座さん闘病語る 関連=3・6・7・10・13・23面 (写図説明)リゾートホテルの清掃従業員らが「雇い止め状態が続いている」と改善を求める嘆願書の一部

【関連記事】