Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大分で初の“ポツンと一軒家”探し!寄り道する捜索隊に林修「こういう番組でしたっけ?」

配信

ザテレビジョン

4月26日(日)放送の「ポツンと一軒家」(毎週日曜夜7:58-8:56、テレビ朝日系)は、ゲストに山内惠介と谷村美月が登場。番組初となる大分・南部の山深い中にあるポツンと一軒家を捜索する。 【写真を見る】谷村美月、田舎暮らしに「携帯電話がないと…電波の届かない場所では不安」 今回の衛星写真を見た所ジョージは「これはかなり山深いですよ!近隣にも集落がなさそうじゃないですか!」と、“辺境の地”である印象を語る。 また、山内は「これだけ山深い場所ですから、ジビエ料理を出しているお店じゃないでしょうか?」と期待を膨らませるが、谷村は「大分といえば…温泉しか想像できません」と、どんな一軒家なのか予想もできない様子。 所の指摘したように近隣には集落がなく、ポツンと一軒家から山を越えた先にある最寄りの集落から捜索をする。 そして集落で出会った人に衛星写真を見てもらうが「ここはどこや!?」と見当もつかないよう。その後「昔、お店をしていた家じゃないかな?90歳を過ぎたおばあちゃんが一人で暮らしていると思います」という情報を得た捜索隊は、一軒家までの道を教えてもらい、向かうことに。 ■ 林修「こういう番組でしたっけ?」 しかし捜索隊は、道中にある施設や景色に魅せられ、“寄り道”を繰り返す。林修は「こういう番組でしたっけ?」と苦笑いするばかりだが、あまりに美しい映像に、所は「これは行って良かったですね!」と興奮する。 そんな中、捜索隊の目の前には高くそびえる山が現れ「山を越えるって聞いたけど、まさかあの山のこと!?」と迫力ある景色に思わず驚く。 捜索隊が「本当にこの先に90歳を過ぎたおばあちゃんが暮らしていらっしゃるんですか!?」と不安を抱えながら山道を進んでいくと、ようやく林道の先に建物の姿を確認。しかし、その建物の様子は衛星写真で確認した建物とは別の一軒家だった。 捜索隊が道を聞こうにも人のいる気配が全くなく、長い道のりを経た山奥で途方に暮れる。目的地へ無事にたどり着くことができるのか、スタジオの所らが固唾をのんで見守る。(ザテレビジョン)

【関連記事】