Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ANA、後方席から6段階搭乗 JALは優先搭乗維持、移動自粛緩和で違い

配信

Aviation Wire

 都道府県をまたぐ移動の自粛が全国で緩和された6月19日、全日本空輸(ANA/NH)はマイレージサービスの上級会員などの優先搭乗を国際線・国内線ともに一時中止し、後方窓側席から6つのグループに分けて案内する方式に変更した。  ANAでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として6月1日から乗客のマスク着用や手指の消毒、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離)の確保といった対策を進めてきたが、移動自粛の緩和で乗客増加が見込まれる19日から搭乗順序を見直した。後方席の乗客から機内に案内することで、乗客が機内で密集する状態を緩和し、通路などでの接触感染を防ぐ狙いがある。  新方式では、「グループ1」の後方窓側席の乗客から案内。次に「グループ2」の後方中間席、続いて「グループ3」の後方通路席、「グループ4」の前方窓側席、「グループ5」の前方中間席、「グループ6」の前方通路側席の順に案内する。国内線と国際線ともに同じ順序で、羽田空港など自動改札機が複数ある空港には、ANAが加盟する航空連合「スターアライアンス」のゴールドメンバー専用レーンを設置する。専用レーンも各グループごとの搭乗となり、グループ6の座席を予約した乗客がグループ1の乗客を案内中に搭乗することはできない。  これまでの方式は、グループ1がマイレージサービスの最上位会員である「ダイヤモンドサービス」メンバーで、グループ4までの設定だった。このため、搭乗券には従来もグループが印字されていたが、19日からはグループ番号の意味が変更になった。ANAによると、19日から国内・海外を問わず新方式に変更したという。  一方、日本航空(JAL/JL、9201)は6月から搭乗する順番はそのままで、乗客を10-20人ごとに区切って案内する方式に変更。優先搭乗は19日も変更しておらず、優先搭乗対象客を案内後は後方席の乗客から搭乗し、最後に前方席の乗客を案内している。  JALによると、搭乗口付近と搭乗橋、機内の各所が過度に混雑しない人数を案内することで、乗客の密集を防いでいるという。今後は混雑状況を見ながら、案内方法を検討していくとしている。

Tadayuki YOSHIKAWA

【関連記事】