Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナへの意識、悲観・無力感が強い日本 日米で意識の変化を調査

配信

オーヴォ

 電通は米国の現地法人で、新型コロナウイルスによる生活者意識の変化を、今年3月下旬から4月中旬にかけて4回にわたり実施。その調査と同じ内容を、全国20~69歳の男女1,000人を対象に「COVID-19生活者意識ナビゲーター(第1回日米比較編)」として行った。その結果、日本では、新型コロナ禍への意識は、まだ悲観や無力感が強い段階である傾向が見られた。  まず、新型コロナウイルスの影響下における生活者の心理変容を、「混乱・動揺」「変化への対応」「順応・適応」「収束の兆し」「収束後の生活へ」の5つのステージで捉えて傾向を見た。すると、日本では26%が第1ステージの「混乱・動揺」にあり、55%が第2ステージの「変化への対応」で、第1・第2ステージの合計が約8割を占めている。一方、米国では第1・第2ステージの合計が54%。ステージ3「順応・適応期」以降が46%と高くなっている。  生活感情については、日本は「ストレスを感じる」が最も多く、「悲観的」な気持ちや「無力感」も、米国よりも強く感じている。一方、米国では、感染者が急激に拡大した第2回目の調査以降、ネガティブ感情が続きながらも、 少しずつ適応できるようになっている人も増えていることがうかがえた。  新型コロナウイルスによる自粛生活が続く中でできなくて恋しいもののトップ(3つまでの選択方式)は、日本では「旅行」(41%)、次いで「レストランやバー等での外食」(40%)、「友人や家族と一緒に出掛けること」(39%)で各4割程度。米国で最も恋しいものは「友人や家族と一緒に出掛けること」(37%)であり、「旅行」(22%)は4位と、日米で違いが見られた。

【関連記事】