Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

真夏の日中に窓開け換気をするときはエアコンつけっぱなしが正解!こまめにオンオフした時との差は驚きの結果に!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

暑さ対策と感染症対策の両立が必要となる今年の夏。換気のためには定期的に窓を開ける必要がありますが、その際には外の気温の高い空気が入ってきてしまいます。エアコンを稼働したままだとエアコンの負担も大きくなって電気代も気になりますが、果たしてエアコンは一度消したほうが経済的なのか?それともつけたままがいいのか、気になりませんか?

30分に1度5分換気すると、エアコンの消費電力は約40円アップ!

今回ご紹介するのはダイキン工業株式会社が実施した、真夏の日中にリビングの窓開け換気をした場合の、エアコン運転に関する調査。まず、真夏の日中にエアコンをつけっぱなしの状態で窓開け換気をした場合と、窓開け換気をしない場合の消費電力量を調査しました。なお時間帯は7:00~19:00、換気は30分に1回、5分間実施。その結果は左の通りです。 窓開け換気をせず、真夏に日中12時間エアコンをつけっぱなしにした時の消費電力量は4.02kWhで、電気代は108.5円。一方、窓開け換気をすると消費電力量は5.52kWhと増えて電気代は149.0円となりました。その差は40.5円となりますが、それでも感染防止のために換気は必要です。そのためにもできるだけ消費電力をおさえた効果的な方法で、エアコンを運転することが重要となりそうです。

換気の際にエアコンを止めても電気代の節約にはならない!

ではエアコンの負担が重くなる窓開け換気の際、エアコンをオフにしてみたら、少しでも電気代の節約になるのでしょうか?それともむしろ逆効果? そこで同調査では、前述と同様に真夏の日中の時間帯で30分に1回、5分間の窓開け換気を実施。その際エアコンをオフにして換気後にオンにした場合と、エアコンをつけっぱなしにした場合の消費電力量をそれぞれ調査。結果は左の通りとなりました。 こちらの調査では、窓開け換気をせずに真夏に日中12時間エアコンをつけっぱなしにした時の消費電力量は5.82kWhで、電気代は157.1円に。一方、換気の際にエアコンをオフにして換気後にオフにした場合の消費電力量は7.51kWh。電気代は202.8円で、エアコンつけっぱなしと比較すると45.7円も高くなっていたのです。こちらを1か月換算すると約1371円の差となり、こまめにオンオフにすることで得するどころか大きく損となります。 なぜ、つけっぱなしのほうが電気代は安くなるのでしょうか?調査を実施したダイキン工業によると、エアコンは電源を入れた直後がもっとも電力を多く消費するのだそう。つまりこまめにオンオフを繰り返すほど、消費電力は上昇してしまうのです。また室内の温度の変動がわかるグラフを見ると、つけっぱなしにするほうが気温の変化が小さく、窓開け換気をしても比較的快適な温度が保たれていることが分かります。とにかくエアコンは換気中でもつけっぱなしにて、無事残暑を乗り切りましょう! 【調査主体】ダイキン工業株式会社

【関連記事】