Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「バカにされてもいい」94歳で選挙に出た きくいばあちゃんの信念(山本期日前)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

ステイホーム、自粛警察、ソーシャルディスタンス… リアル鬼ごっこの世界に入り込んだ様に、常に周囲の目を気にし、普段インドアな人間でさえもインドア疲れをしている。 私、選挙芸人を名乗っている山本期日前も例外ではなく、劇場が休館し日課であった“色んな各地の選挙を見に行く”という不要不急の権化みたいな行為も当然のように自粛し、完全ステイホームで閉塞感を感じている。 閉塞感を和らげる対策として、15年も自宅軟禁をされながら全く屈せず、信念を貫き通したアウンサンスーチー氏を思い浮かべて「自分はたった数カ月程度だ」作戦を実行しているが、中々上手くいかない。

そんな中、日本において周囲の反対の声に屈せず、信念を貫く候補者はいたのか!?と考えていたところ、1人思い出した人物がいた。 「橋本きくい候補」 なんと、“94歳”で立候補していた候補者である。 2020年1月、きくい候補は茨城県の潮来市議会議員選挙を戦っていた。 94歳の候補者がいると知った時、 「何してんねん!!」 関東生まれの僕が、思わず関西弁でツッコミたくなる程の衝撃を受けた。

何故94歳になってまで立候補するのか、理由をとにかく聞いてみたくなり春からSuicaが導入される事に大歓喜のJR鹿島線に乗り、潮来駅で下車し、そこから徒歩30分、橋本きくい候補の選挙事務所を訪ねた。 建もの探訪の渡辺篤史のように、事務所の外観をじっくり堪能してから扉を叩くと 「いた!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 きくい候補はタスキを着用したまま椅子に腰かけ、支援者と会話をしていた。 3時間かけて話を伺いにきたことをきくい候補に伝え、アポなしで訪問してきた見ず知らずの若者にお話をしてくださったのでご紹介したい。

「若い者は意見を言う気概がない!」 「親の七光りで立候補しやがって!」 “On your marks.”の合図を待っていたかのように喜怒哀楽の怒が飛び出しまくった。 僕に会話の隙を与えず、ゾーンに入っていた。 「支援者を奪いやがって、正々堂々と勝負してこい!!」 94歳が支援者を奪われた事に怒っている。 僕は確信した。 選挙に本気だ!!!!!! 怒りが落ち着き、聞いてみたかった立候補理由について聞いてみた。

【関連記事】