Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

130試合目の初勝利――平田真吾の「最高の一日」/FOR REAL - in progress -

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

優勝を目指して戦う横浜DeNAベイスターズ。その裏側では何が起こっているのか。“in progress”=“現在進行形”の名の通り、チームの真実の姿をリアルタイムで描く、もう一つの「FOR REAL」。

 2017年8月22日――。  3点差を追いかけていたカープ戦の9回裏、筒香嘉智(現MLBレイズ)が2ランを放ち、続いてJ.ロペスが同点ソロをレフトスタンドに叩き込んだ。  その直後、ベンチで戦況を見守っていた尾仲祐哉(現タイガース)は、隣にいた平田真吾からこう声をかけられた。 「これで勝ったらお前が勝ち投手だぞ」  視線の先、宮崎敏郎のバットが捉えた白球は左翼フェンスを越え、9回表のマウンドに立っていた尾仲は本当に勝ち投手になった。プロ6戦目での初勝利だった。  そんな話をしたことを、平田は覚えていない。  ただ、投手の記録につく「勝」を意識し続けてきたことはたしかだ。もつれた試合がベイスターズの勝利で終わりそうなとき、投手間では「誰に勝ちがつくのか」とよく話題にのぼるというが、自身がその対象になることはなかった。  平田は言う。 「(プロで未勝利という意識は)ずっとありました。いつからというか……いつも。毎年、『まだ勝ってないな』と」  2020年10月7日のジャイアンツ戦。平田にようやく「勝」がついた。  登板130試合目にして2度目の先発。首位ジャイアンツの本拠地・東京ドームで、5回2失点。  運よく転がり込んできたのではない。自らつかんだ勝利だ。

デビュー早々の挫折を経て。

 プロ入り後、挫折のときは早々に訪れた。  開幕一軍入りを果たしたルーキーイヤーの2014年、2試合目の登板で打ち込まれた。ジャイアンツを5点リードして迎えた8回の頭からマウンドを託されたものの、相手打線に勢いを与えて降板。1イニング10失点を喫する逆転負けにつながった。  スタート直後のつまずき。往時を振り返る口調はいまだに重い。 「そうですね……。あの1試合ですぐファームに行くことになったので、すごくダメージが大きかった」  平田が一軍に帰ってきたのは、降格から3カ月以上が経過した7月21日だった。その日、思いがけない形で出番が来る。  先発が初回、わずか5球を投じたところで危険球退場となってしまったのだ。急きょマウンドに上がったのが平田だった。  準備はまったくというほどできなかったが、必死で投げた。4イニングで自責1。平田が「いちばん印象に残っている」と語る試合だ。  あらゆるリリーフ投手がそうであるように、やられてはやり返すことを繰り返しながら、信頼や期待をすり減らしたり積み重ねたりしながら、これまでプロ野球選手としての命をつないできた。  平田に関しては、厳しい評価が下される時間の方が長かったかもしれない。過去、投じた試合の内訳を見れば、ビハインドシチュエーションでの登板が圧倒的に多い。  期待値が高い状態で迎えた今シーズンも、開幕直後に試練があった。6月20日のカープ戦で鈴木誠也に満塁ホームランを打たれた。登板2試合目の8回のマウンド。その状況は、ルーキーイヤーの痛恨の記憶と重なる。 「毎年あんな感じで打たれていたので、『今年もやってしまったか』と……」  被弾の直後、心に影は差した。

【関連記事】