Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エミー賞2020のノミネーションが発表。「ウォッチメン」が最多。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

第72回エミー賞のノミネーションが、7月28日(現地時間)にライブストリーミングで発表された。DCコミックを原作とするHBO制作のドラマ「ウォッチメン」は、リミテッドシリーズ部門作品賞をはじめ、ジェレミー・アイアンズが主演男優賞、レジーナ・キングが主演女優賞にノミネートされ、最多となる26部門に選出されている。その後、アマゾンの「マーベラス・ミセス・メイゼル」が20部門と続いている。

また、「スター・ウォーズ」の実写ドラマであるディズニープラスの「マンダロリアン」が、ドラマ部門作品賞を含む15部門で選出されるといったサプライズもあった。ドラマ部門作品賞には、ほかにも「ストレンジャー・シングス 未知の世界」、「ブレイキング・バッド」のスピンオフ作「ベター・コール・ソウル」、「ザ・クラウン」、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」、「オザークへようこそ」、「キング・オブ・メディア」「キリング・イヴ/Killing Eve」がノミネートされている。

2018年にアジア系女優として主演女優賞に史上初のノミネートを受けた「キリング・イヴ/Killing Eve」 のサンドラ・オーは、今年も同作品でドラマ部門主演女優賞の候補に入っており、共演のジョディ・カマー、「ユーフォリア/EUPHORIA」のゼンデイヤ、「ザ・クラウン」のオリヴィア・コールマン、「ザ・モーニングショー」のジェニファー・アニストン、「オザークへようこそ」のローラ・リニーと争う。 ドラマ部門の主演男優賞候補には、「オザークへようこそ」のジェイソン・べイトマンほか、「POSE/ポーズ」のビリー・ポーター、「キング・オブ・メディア」からジェレミー・ストロングとブライアン・コックス、「ザ・モーニングショー」のスティーヴ・カレル、「THIS IS US 36歳、これから」のスターリング・K・ブラウンが名を連ねている。 第72回エミー賞の授賞式はジミー・キンメルが3度目の司会を務め、9月21日(現地時間)に開催予定となっている。

【関連記事】