Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【超速報】カワサキが謎のティーザー開始! KRT的カラーで2021年モデル未登場なのはZX-10Rか……

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

YouTubeでのオンライン発表を予告!

カワサキがUK(英国)のFacebookおよびカワサキ公式YouTubeチャンネル上で2021年モデルのティーザーを開始した。何か新たな2021年モデルを2020年10月12日および11月23日にアンヴェールするというが……。 【映像】オンライン発表を予告するティーザー映像

ライムグリーンのハニカムパターンといえば『カワサキレーシングチーム=KRT』だ!

まずはリンクの映像をご覧いただきたい。カワサキのYouTubeチャンネルにリンクしたものだ。 見ての通り、日本時間の2020年10月1日、23時頃に公開されたティーザー映像はシンプルそのものだ。「Get set for something new. 2021 model unveiling’s are coming on October 12th and November 23rd… Stay tuned!」のテキストメッセージとともに、映像内には10月12日15時/CEST&11月23日15時/CEST(ともに日本時間22時)、そして「KAWASAKI YOUTUBE」の文字が浮かび上がる。 ようするに、カワサキのYouTubeチャンネルで10月12日と11月23日のそれぞれ22時にオンラインで何かを発表しますよ、ということだ。 問題はその背景に使われているライムグリーンのハニカム模様。これは最新のニンジャZX-25Rなどで見たことがある読者も多いと思うが、いわゆるKRTエディションのサイドカウルなどに使われているもので、元々はスーパーバイク世界選手権を戦うカワサキレーシングチーム=KRTのファクトリーマシンに描かれていた模様にほかならない。 となれば、KRTエディション的なものがラインナップされるカテゴリーのマシンということになり、その中で2021年モデルのアナウンスがまだないものといえば……。 そう、ニンジャZX-10Rだ。 ただ、発表日が2つに分けられているのも気になるところ。ニンジャZXシリーズで言えば、そもそも2021年モデルが最初になるZX-25R、つい先日ニューカラーが発表されたZX-6Rが更新済み。さらに範囲を広げて2気筒のニンジャも見てみると、国内ではニンジャ400、海外ではニンジャ650も新色が登場済みだ。となると、ニンジャ250の可能性も残るがどうだろう。 またはKRTも関係ない、全く新しい何かが登場してくる可能性も捨てきれない。 以上のような推理から、おそらくNinja ZX-10Rの新型が登場するのは間違いのないところ。発表日が2つあるのが気がかりだが、10R以外にもブランニューもしくはマイナーチェンジなど、なんらかの発表があるのは確かだろう。 今年のこれまでのパターンを見れば、10月12日までに追加のティーザーが行われないということも考えにくい。ということで、まさしく「Stay tuned!」……そう、待つしかないのである。

【関連記事】