Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

50歳でも平均飛距離302.6ヤード! ミケルソンの「開いて閉じる」の極みスウィングをプロが分析

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

WGC「フェデックスセントジュード招待」を2位タイでフィニッシュした50歳のフィル・ミケルソン。今週の平均飛距離302.6ヤードと衰えを知らないスウィングをプロゴルファー・中村修が解説する。 フィル・ミケルソンのドライバー連続写真

メジャー5勝 PGAツアー44勝を誇るレジェンドゴルファー

フィル・ミケルソンはアリゾナ州立大在学中の20歳のときにPGAツアー「ノーザンテレコムオープン」でアマチュアとして優勝を挙げ、卒業後の92年にプロ転向。翌93年にはPGAツアーで初優勝を挙げ華々しくスター街道を進みました。 メジャーではなかなか勝てませんでしたが、マスターズ3勝、全英オープン、全米プロゴルフ選手権も制しています。全米オープンではタイも含めると2位が6回もありますが、4大メジャーのすべてを制するグランドスラムにはまだ手が届いていません。1996年の国内ツアー「サントリーオープン」に出場したミケルソンを間近に見ましたが、ボールとターゲットを結んだ後方線上に立ち、ターゲットを狙うときの集中力に、ものすごいものを感じたことを今でも覚えています。

レフティーのミケルソンですが利き腕は右で、お父さんと向かい合って練習していたことから左打ちになったというエピソードは有名です。肉体改造に取り組みヘッドスピードが落ちないように素振り用の練習器具を振ったりしていましたが、300ヤードを越える平均飛距離をみるとその効果は明らかです。スウィングを見てみると左手をややウィークに握り、”ホバー”と呼ばれるクラブヘッドを浮かせて構えるタイプです。右腕とクラブが一本になるようなアドレスからひざ、腰、上半身を柔らかく使って深いトップまでスムーズにテークバックします。トップでのフェースの向きはオープンであることも特徴的です。

切り返しでは、ターゲット方向の右足に加重したあと右の股関節を開くように回転運動に移ります。脱力した腕とシャフトが体に巻き付くように下りて来ますが、タメが強くクラブが立って下りてくるのもミケルソンらしいクラブ軌道です。この時点でもフェースは正面を向いていますので、まだ開いた状態で切り返しています。

【関連記事】