Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「売れても無視しないでね」パンサー向井が夢の応援…岐阜の“女子高生シンガー”卒業後にプロ目指し東京へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

 岐阜県立岐阜商業高校。お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんは、10カ月ほど前にこの学校で、当時3年生だった歌のとても上手な少女と出会いました。  彼女の名前は、吉田夏葵さん。  この3月、卒業した吉田さんのもとを再び向井さんが訪ねると、彼女は本格的にシンガーソングライターを目指していました。

 そんな彼女の高校生活唯一の心残りが、アルバム制作が間に合わなかったこと…。その夢の応援をと、向井さんが“ジャケット写真”を撮影することにしたのです。 パンサー向井さん: 「今日メークさんを連れてきてます。オレにもついてないよ」 吉田さん:「すごい!(笑)」

 自宅のクローゼットにある服を見て相談しながらイメージを固めるプロのメークさん。一方の向井さんは、吉田さんの友人・亀淵さんをモデルに写真のイメージを固めていました。 パンサー向井さん: 「地元でしか撮れない表情ってあるから。慣れ親しんだ所だからこそ出せる顔が絶対ある」  実はこの春、立教大学に進学した吉田さん。娘の上京に、お母さんは寂しさでいっぱい…。

吉田さんの母親: 「めちゃくちゃ寂しいです。夜中に目覚めると泣いてたり(笑)『行かんでいい』ってずっと言ってるのに頑固で…。まさか出るとは思ってませんでした」  そんな中、吉田さんのメークが完成。手鏡で、初めて自らの仕上がりを確認してみると…。

吉田さん: 「うぉお!(笑)私も見たことないです、こんなの(笑)」

 向井さんが自らカメラマンとなり、自宅の庭で撮影開始。しゃぼん玉や傘など、様々な小道具や演出プランがありましたが…。 パンサー向井さん(ファインダーをのぞきながら): 「もう、本当に吉田さんという素材だけで十分…。“塩でいただくタイプ”というか(笑)もう余分な味付けいらないくらい。ちょっとお母さ~ん!」  撮り始めたばかりの写真をお母さんに見てもらうと…。 吉田さんの母親: 「あ~!スゴっ(笑)自然っぽいですね」

【関連記事】