Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

亀梨和也、日テレ巨人戦中継を総括「たくさんの人に光見せてくれた」「3連戦の選手起用はさすが原監督」

配信

スポーツ報知

 日本テレビ系の野球中継「DRAMATIC BASEBALL」のサポーターを務めるKAT―TUNの亀梨和也(34)が21日、巨人の開幕カードを総括するコメントを寄せた。  念願の開幕を迎え、亀梨は「たくさんの人に光を見せてくれているのは、非常にありがたいことだなと改めて感じました」としみじみ。「これまでと違う無観客という状況ではありますが、開幕という緊張感の中で、公式戦が始まってうれしい」と球音が戻ってきたことに喜びを感じている。  巨人の3連勝で終えた開幕カード。「線になるところ、束になるところが、メリハリのある3連戦だった。投手陣もいい形でつながって、各人の役割がしっかりとできていた開幕戦だったのでは。3連戦の選手起用や打線の組み替えはさすが原監督というところだと思います」と好試合をたたえた。投打のかみ合った展開に「今年もさまざまな野球を見せてくれるんだろうなと、その中にどしんと変わらない軸が存在するという、今季の巨人の強みを感じました」と振り返った。  今年の中継では「亀梨とリモート観戦」と題した企画で、副音声の亀梨が進行役となり、両軍のファンのタレントゲスト、プロ野球のレジェンドゲストを招きリモートで応援する新たな試みを実施。無観客ゲームであることを踏まえ「ファンのみなさんとつながっていくスタイルにしたい」と取り組んできたといい、2000安打を目前にしている坂本勇人内野手の「SAKA―METER」などで試合を盛り上げた。  リモート観戦企画は、23、24日に同局で地上波生中継される巨人―広島戦(いずれも後7時)でも実施される。亀梨は「ゲストの方たちとともに楽しむのが一つのテーマ。しっかりと準備して、ゲストの方々とともにファンの方々とつながっていけたら」と意気込んだ。

報知新聞社

【関連記事】