Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

尾崎将司、プロ51年目で初の年内全試合欠場表明…コロナ禍で「今は気力がわいてこない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 国内男子プロゴルフツアー歴代最多94勝の尾崎将司(73)=I.S.T=が15日、年内の国内男子ツアーへの出場を見送ることを表明した。新型コロナウイルスの影響で、5月以降はトレーニングや練習を積めていないという。出場を目指してきた、大会歴代最多3勝を誇る11月19~22日のダンロップフェニックス(宮崎・フェニックスCC)についても「おそらく出場しないだろうね。今はこういう状況(コロナ禍)で気力がわいてこない」と欠場を明言した。1試合も出場しないのは、1970年のプロ転向後初めて。  来年以降については「来年、(コロナが)どうなっているのか様子を見ながら。俺が試合に出ると言ったってもう、皆興味を持たないもん。勝負の神様が俺のことを見捨てているもん。まぁ、考える時間はあるし、ゆっくりね」と21年以降に改めて、判断する考えを口にした。  この日は、ISPSハンダ・医療従事者応援ジャンボ尾崎記念チャリティートーナメントの最終日を視察に千葉・オークビレッヂCC(6984ヤード、パー71)を訪問。集まった大勢の報道陣に対応した。  一方で愛弟子で、女子ツアー今季2勝で話題の新人・笹生優花(19)=ICTSI=については「あいつはだいぶできあがっているから。面白いね。あの体の強さ、ヘッドスピードの速さはちょっと女じゃないもん(笑い)。うちの練習場で、ちょっとフォローなら275ヤード先のネットにキャリーする。転がれば300ヤードいく。今までにないぞ。(原)英莉花も頑張っても20ヤードはキャリーで負ける。ああいうのがいるとは思わなかったよ。(テニスの)大坂なおみもすごいけどね」と、“女ウッズ”の異名が定着しつつある愛弟子のすごさの一端を披露した。

報知新聞社

【関連記事】