Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「態度悪いって思われるよりウザいって思われるほうがいい」現場を楽しみ愛される天才・神木隆之介の25年間

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 あの神木隆之介が27歳に。わずか2歳でCMデビュー、それ以来ドラマや映画で人々を感動させ続けてきた彼の25年の芸能生活を記念し『おもて神木/うら神木』が9月25日に刊行された。子役から国民的俳優へと、神木が第一線で活躍し続けられたのは、どんな役でも自分のものにする高い演技力はもちろんのこと、その温かな人柄にあるだろう。同誌では、親交の深い染谷将太、中村隼人、志田未来、本郷奏多との対談や、三池崇史、新海誠、佐藤健のインタビューを掲載。さらに上戸彩、吉沢亮らからのメッセージなど、神木を慕う30組を超える著名人が参加している。なぜ神木はここまで愛されるのか。その理由がインタビューから見えてきた。

「自分の話を聞いてくれる大人がたくさん!」とにかく現場が楽しかった神木少年

 こちらの緊張をほぐすように「普通の東京都在住の27歳一般男性ですよ」と謙遜し、話し始めた神木。これまでの俳優生活については「濃密な25年間」だったと懐古。「作品も人も、出会いが全て素敵だったと思います。お芝居を通して、素敵な先輩たちの技術だったり、才能だったり、いろんなものを垣間見てきました。貴重な経験をさせてもらいました」と、これまで関わってきたスタッフや共演者に尊敬の念を持って感謝する。  最も古い記憶は、2歳のときのもの。「一番最初のCM撮影のときにおもちゃをもらって帰りました。それがすごく嬉しくてそのおもちゃで何年も遊んでいた記憶があります」。子どもの自分の話を「ウンウン」と真剣に聞いてくれる大人たちがたくさんいたことが嬉しく、人と話すことが大好きな神木少年は仕事をするというよりは、現場が楽しくて会いに来ていると感覚だった。  自分ではない人になるという“芝居”の楽しさに気づいたのは、小学校高学年になってから。「自分の人生で経験できないことをいっぱいできるな、妖怪と共に戦うなんて絶対できないよ!みたいな(笑)」と、そのときの気持ちを語る。  幼少期に大病を患い “思い出作り”ではじめたという芸能活動だが、親から仕事を強制されたことはない。これまで自分の意思で続けてきた。 「『いつやめてもいい』と言われていたんです。『どうする続ける?やめる?』って聞かれて『楽しいから続けたい!』と選択しました。現場がとにかく好きだったんです」

【関連記事】