Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本ではもう買えないけれど…カワサキ「ニンジャZX-14R」2021年モデル、北米に登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

1441cc、自然吸気のモンスター

カワサキは北米で2021年モデルを一挙発表。日本にはないカラーリングのZX900RSカフェやニンジャ650などが目白押しだが、日本や欧州とは排ガス規制が異なることから生き残っているモデルもいくつかある。そう、昨年にファイナルモデルとして入荷されたニンジャZX-14Rのように。 【写真×7枚】ニンジャZX-14Rのスタイリングとカラーリング、Z900RSカフェほか

カワサキのフラッグシップとして長く君臨、現在はH2 SXにその座を託す

2019年秋に日本への逆輸入車としてはファイナルモデルとなることが明らかにされ、惜しまれながらも日本で新車で買うことはできなくなっていたカワサキ「Ninja ZX-14R」だが、どっこい北米市場では生き残っている。 本日2020年9月30日、カワサキは北米向けの2021年モデルを一挙に発表し、その中にニューカラーのおニンジャZX-14Rが含まれていたのだ。 新色は、2020年モデルのグラフィックパターンを踏襲しながら色使いを変更。グレーの中に黒でグラフィックが描かれ、差し色としてグリーンが使われている。 大排気量の自然吸気メガスポーツが時代にそぐわない存在になってきていることは確かであり、だからこそカワサキはダウンサイジングしたスーパーチャージドエンジンのニンジャH2をラインナップしている。また、ZX-14RのようなハイスピードツアラーとしてはニンジャH2SXがその役割を担っていると見ることもできるだろう。 ニンジャZX-14Rは、パワフルな1441cc並列4気筒エンジンとブレンボ製ブレーキシステム、モノコックアルミフレーム、パワーモード&トラコンなどを備え、北米価格は1万5199ドル(約161万円)となっている。主な諸元に変更はない。

KAWASAKI Ninja ZX-14R[U.S. 2021 model]

〈写真〉主要諸元■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 1441cc 最高出力未発表 変速機6段 燃料タンク容量5.8ガロン(約22L)■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●北米価格:1万5199ドル(約161万円) ※諸元は北米仕様

【関連記事】